あがり症を克服できる人、できない人 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服コラムColumn

あがり症を克服できる人、できない人

あがり症を克服できる人

2016.03.23

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがりが重度の人、軽度の人とは?
あがりを克服できる人とできない人の違いとは? 

1995年にフジテレビで放送された大人気ドラマ「王様のレストラン」で、松本幸四郎さん演じるギャルソン・千石さんと、山口智子さん演じるシェフ・しずかさんとの間に、こんなやりとりがあります。

千石)あなたには可能性がある。

しずか)ない!

千石)ある!

しずか)自分のことはよく知っています!(怒)

千石)あなたは自分のことしか知らない。でも私は100人のシェフを知っている。

私の教室にいらっしゃる受講生の方は、口を揃えて言います。

「私のあがり症は他の人より重症です。本当に治るのでしょうか?」

「他の人はあがっているように見えません。こんなにひどいのは私だけです」

皆さんはご自身のあがりしか知らないはずですから、

「他の人と比べて重症」「ひどいのは私だけ」の根拠はどこにもありませんよね。

なので、私はこう答えます。

「大丈夫。あなたは重症でも異常でもありません。

私は何万人というアガリストを知っていますから。」

人と比べようもないことなのに、「自分が一番ひどい」と思い込むのは、自意識過剰に傾いてしまっているからです。

もちろん気持ちはわかります、私も中学生の頃からずっと「世界で一番あがり症」と思っていましたから。

あがり症克服協会では、これまで25,000人以上のあがり症克服のお手伝いをしてきましたが、元々重症かどうかなんてまったく関係ありません!

克服できない人がいるとしたら、それは、「いろいろと言い訳をして、結局何もしない人」です。

「まだちょっと自信がないので、考えます…」

「仕事が忙しいので、もう少し落ち着いたら…」

「子供が小さいので…」

「自信がないからやめる」のではなく、「自信をつけるためにやる」んです。

「自信がついてから」と言う人に、真に自信がつく日は残念ながらやってきません。

自信とは、何かをやり遂げて初めて得られるものだからです。

仕事に支障をきたしているから困っているのに、その仕事を言い訳にしたら本末転倒です。

私は12年前、20分の発表を命じられたとき、人生最大のピンチだと思いましたが、

それをきっかけに生まれて初めてあがり症と真剣に向き合い、結果、長年のあがり症から脱出しました。

人生最大のピンチが、実は人生のターニングポイントだったのです。

できない理由を探したらキリがありません。

そのエネルギーで、できる方法を考えましょう!

「克服の条件」それは、「逃げない」、「言い訳しない」、「チャンスを逃さない」ことです!

from:鳥谷朝代

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら