毎日の生活の中でこんなことはありませんか?

  • case.01

    大勢の人の前でのスピーチで

    極度に緊張する

  • case.02

    会社の朝礼での挨拶で

    声が上ずってしまう

  • case.03

    お客様の前でのプレゼンで

    頭が真っ白になる

  • case.04

    学校行事での司会で

    手足がガクガクと震える

  • case.05

    人に教える時に

    うまく話せない

普段の会話は何てことないのに、かしこまった場面になると途端に体に緊張が走ってガチガチになってしまう。心臓はドキドキ、呼吸は早く、手足は震えたり、汗かいたり…。これらはあがり症の代表的な症状です。

「あがる(上がる)」とは...

「《血が頭にのぼる意から》のぼせて平常心を失う」こと。(大辞泉より)

ではあがり症とはどういった症状のことを指すのでしょうか。

あがり症とは?

大勢の人前で話をするとき、もしくは人から注目を浴びるような場面で、心臓の鼓動が速くなる・呼吸が浅く喉が詰まるような感じになる・手足が震える・顏が赤くなったりひどく汗をかく、などの身体の症状が強く出ることを一般的には「あがり症」と呼んでいます。
あがり症克服協会の調べでは、96%の人が「大勢の前で話すとき緊張する」と答えており、人前で緊張すること自体はごく自然な身体の反応です。しかしあがり症の人は自己否定感が強く失敗をいつまでも引きずる傾向があるため、次また同じ機会のときに失敗するのではないかと、想像するだけで不安感が増してしまうのです。
この状態(負のスパイラル)から抜け出す必要があります。

あがり症チェックシート当てはまるものにチェックしてみよう!

  • 動悸が激しくなるのを感じる。
  • 手足がガクガクと震える
  • 全身から汗がでる。もしくは汗がでるような感じがする。
  • 口が乾いてしまう。
  • 頭の中が真っ白になる。
  • トイレが近くなる。
  • 息苦しさを感じて冷静でいられなくなる
  • 顔が赤くなってしまう。
  • 声が上ずってしまいうまく話せなくなる。
が0〜2個の場合
限られた場面かも知れませんが、あがり症により少し生活が不便に感じられることもあるでしょう。
自分にとってさしあたり重要な場面でなければ避けることで生活が成り立つかもしれませんが、苦手な場面をいつまでも避けているとむしろ苦手な場面が増えてしまうものです。
深刻にならないうちに取り組むことが大切です。
が3〜6個の場合
だいぶ自分自身をあがり症と認識しているのではないでしょうか。
自分はこんなはずじゃなかった、あるいは、物心ついたころからあがり症の感じはあった、などきっかけは様々あると思いますが、このままにしておくと生活がとても窮屈になります。
早めにあがり症克服に取り組みましょう。
が7〜9個の場合
あがり症に毎日苦しんでいらっしゃいますね。その苦しさはとてもよく分かります。
あがり症克服協会の講師は全員元重度のあがり症です。それでも、私たちは当協会のメソッドで克服してきました。
克服できないあがり症はない、そう私たちは考えます。
あらゆることを試しても効果がなかった方にこそ取り組んで頂きたいです。

数が少なかったから軽度、多かったから重度ということでもありません。
1つでも当てはまりそれが苦痛でならない場合もあると思います。
ここでチェックして頂いたのは、ご自身を一度客観的に確かめていただきたいためです。
目をそらしていてはいつまでたっても克服など出来ません。まずは自分自身の現状をしっかりと知ることです。
あがり症克服を始めるのに遅すぎるということはありません。

あがり症の原因とメカニズム

あがり症を悪化させてしまう人には、共通した負のスパイラルが存在します。
その負のスパイラルに陥ってしまうと、なかなかひとりで抜け出すことが難しくなってしまいます。
場慣れはもちろん大切ですが、場数だけ踏めばいいかというとそういう訳でもありません。
下に示した図は、場数を踏めば踏むほど失敗体験の積み重ねにより人前がより怖くなってしまうメカニズムを表しています。

負のスパイラル

この負のスパイラルに陥った場合、何をやってもダメ、どうしたらいいか分からない、そういった状態になってきます。
しかし、これを断ち切る方法があります。それは、成功体験を積んでいく事です。
人前で実際に話して達成感を得る、他の人からも「よかったよ!」と言ってもらえる。
こういった成功体験が負のスパイラルを断ち切るには非常に有効です。
集団でのあがり症克服が効果的と言われるのはこの辺の理由からなのです。

精神科医・医学博士 藤井英雄先生

あがり症(社会不安障害)は、背景に自己肯定感の弱さがあり、あるがままの自分では受け入れてもらえないと感じる心から発生します。
そのため失敗して批判されることを常に恐れています。

精神科医・医学博士 藤井英雄先生

あがり症の人の気持ちは、あがり症の人しか分かりません。
あの苦しみ、辛さ、悩み塞ぎこむ毎日…。
こんなに悩んでいるのは自分だけと思うので、余計にコンプレックスに感じてしまいます。
そんな、失敗体験・トラウマでいっぱいのあがり症の方が、安心して、順を追って人前に出ていける環境作りがまずは大切と考えています。
その環境下で徐々にコンプレックスを取り除いていくステップが必要です。

あがりやすい人の特徴

  • 顔『自意識過剰グセ』のある人
  • 顔『ええかっこしいグセ』のある人
  • 顔『逃げグセ』のある人

あがり症という言葉自体は、病名ではありません。そしてあがり症は遺伝でもありませんし、生まれ持っての性格でもありません。
ただ、あがりやすい性格というのはあります。
それは、人前で恥をかきたくない・失敗するのが嫌だという思いが強すぎる人、要は、"自意識過剰でええかっこしいな人"です。
あがり症の人が陥りやすい思考グセというのがあります。性格を治すことは難しいですが、この思考グセは治していくことができます。

精神科医・医学博士 藤井英雄先生

あがり症は、何かを原因として自己肯定感が弱く育ってしまい、成人してからもその自己肯定感の弱さを克服できず、失敗して恥をかく体験などを契機として発症します。
そしてあがり症を悪化させてしまうのは、不安感・恐怖感に負けて不安な場面を避けてしまうことです。
これらが、あがりやすい人に共通して言えることです。

精神科医・医学博士 藤井英雄先生

思考グセや習慣は、自分ではおかしいと気づきにくいものです。
まずは自分がどんな思考グセがあり何が原因であがりやすい性格になっているのか知ることです。
『自意識過剰グセ』『ええかっこしいグセ』『逃げグセ』。
今、どんなクセがあるから悪いという訳ではありません。
まずは今の自分をしっかりと認めることです。
少々耳に痛い言葉かもしれませんが、今までの自分と向き合うことがあがり症克服へのスタートラインとなります。

毎日の生活でできる克服法

克服法1.自分からあいさつする。
大勢の人前で話すことの悩みも、広い意味で人間関係の悩みのひとつです。
1対1のコミュニケーションでも億劫になっている人がいきなり30人の前で話すことは難しいです。
そして人前で話すということは一方通行になる時間が多いです。
相手からのリアクションが常にあるわけではありません。
その中で話し続けるには、ある程度の積極性も必要です。
日常でできる積極性を身につける簡単な方法、それが「自分からあいさつする」です。
克服法2.電車やバスで席を譲る
本当は席を譲ってあげたいけど、断られたらどうしよう、周りの人に注目されるのは恥ずかしい、などの理由で席をゆずる行動を躊躇してしまう方。
それは、まぎれもなく「自意識過剰」な状態です。
本来の目的「席をゆずる」よりも自分がどうみられるかが気になってしまうのです。
その思考グセはあがり症になりやすいパターンです。
本来の目的に集中する習慣づけとして、思い立ったときには席をゆずるという行動を起こしてみましょう。
克服法3.会議やセミナーで一番前に座る
あがり症の方にレッスンをしていると、一番前から席が埋まっていくことはまずありません。
お気持ちはとてもよく分かります。前にいるほど先生に当てられるかも知れないし、注目されやすいし、後ろにいる方が視線も感じなくて安心しますよね。
しかし、あがり症克服するのであれば、積極性を養う・場慣れをするなどのトレーニングにもなるので、一番前に座ってみるようにしましょう。
これも成功体験のひとつとなります。

あがり症を克服するために

あがり症を克服するために必要なことは、行動を起こすことです。
考えても考えても、あがり症を克服する日は永遠にやって来ません。
当協会ではいつでも誰でも簡単に取り組めるメソッドであがり症克服のサポートをさせて頂いております。
過去にどれだけのトラウマがあったかよりも、あがり症克服に取り組む行動を起こすか起こさないか、それだけの違いで今後のあがり症人生が大きく変わってきます。今すぐ始めていきましょう!

一般社団法人あがり症克服協会について 受講者の声

一般社団法人あがり症克服協会の講座はこんな方にオススメ

今、人知れずあがり症に苦しみながら、どうにか日々を過ごしてる方。
今までいろいろトライしてみたけれど、効果がなくて挫折してきた方。
そんな方にこそお越しいただきたいです。
あがり症克服協会の講師は全員元あがり症、そして当協会のメソッドで克服してきました。
それが何より私たちが自信を持って、そして心を込めてみなさまのあがり症克服をサポートしていくことができている大きな理由です。
どうぞ、私たちを頼って大きな一歩を踏み出してください。

一般社団法人あがり症克服協会の講座内容

講師紹介 開講スケジュール