声が震える人どう思う? あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

声が震える人どう思う?

2021.02.17

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
銀座であがり症克服ワークショップを行いました‼

GINZA KABUKIZA地下の「木挽町広場」ではちょうどバレンタインデーフェア🍫✨

銀座歌舞伎座

ワークショップとは、あがり症克服の実践練習、勉強会の場です✨

1.声が震える人どう思う?

あがり症の人にとってはとにかく緊張している自分がどう思われているか気になりますよね。

最初は自分の体の中だけの反応かも知れないけど、それがいつ他人にも分かるくらいに目立ってしまうか。

声の震え、手の震え足の震え、顔が赤くなる赤面症、汗が止まらなくなる…。

一番最初に表に出る症状は人それぞれですが、バレたくないという気持ちはみんな一緒ですよね。

「声が震える人、どう思う?」と聞かれたら、どう答えますか❓
疑問

私はあがり症克服協会の講師という職業柄、そういうことを聞くこともありますが、返ってくる言葉としては否定的な言葉はまずありません。少なくとも敵意を抱く人は皆無です。

しかしその前に、まず声が震えているとは気づいていない方がほとんどです。

多くの場合は自意識過剰なんです。

しかし本人にとっては自分の体の中のことだから完全に震えている自覚があります。
だけどそれを人に言えない。

「私、震えていた❓」と聞いて「震えていたね」と指摘されるのが怖いから。

なので、自分ひとりの中で必要以上に悪いイメージが残ってしまい、トラウマとなり、次の発表画面も怖くなってしまうのです。

しかしここはあがり症克服協会ワークショップ。

「声が震える人、どう思う?」と聞いても何も恥ずかしくありません。

2.声が震える人どう思う?という思考からの転換

他人に聞くのも一つの手ですが、もう一つの手、自分でチェックする方法もあります。

それは、「動画チェック」です。

自分が話している姿を動画で撮ってみて、見てみるのです。

自分が話している姿を見るのってどうですか❓

「恥ずかしい…」
恥ずかしい

そうですよね。
最初は恥ずかしって思いますよね😊
私も最初はそうでした。

だけど、このチェック効果は自意識過剰をとっぱらうのに抜群の成果をもたらします。

自分が思っているより緊張しているように見えないのです。

「人の視線なんてそんなに気にしなければいいよ」
と言われたとて、そう簡単に思考を変えられるものではないと思います。

しかし、自分で自分の本当の姿を見れば、まさに一目瞭然!

「なんだ、あれくらいの緊張感だったら、他の人から見たらそんなに緊張しているように見えないんだ。」
というのが腑に落ちて分かります。

そうすると、次の人前機会は大丈夫なんじゃないかと勇気が湧いてきます。

ワークショップでもこの動画チェックは行っています。

3.行動を変えて思考を変えよう!

思考を変えようと思っても、どこか不安が残っていて思考を変えきることってなかなかできないですよね。

そんなときは、行動も変えてみましょう。

ワークショップにいらっしゃった生徒さんたちは、みなさんあがり症克服に向けて真剣です。

この日も、私が用意したメニューにまっすぐ向き合いこなしてくださいました。

私自身も、行動を変えることであがり症の原因となる思考パターンを変えてきました。

スピーチをしたあとには、どなたか生徒さんを指名していただいて感想や質問などコメントをしていただきます。
発表

あがり症の人は、自分にはとても厳しいけど(笑)他人にはとてもやさしいからいいコメントばかり返ってきます✨

でもそれは決してお世辞ではなくて、本当に思っていること。
だから、自信につながるのです。

1人では変えていけない思考パターンも、自意識過剰も、ワークショップでは変えていくことができます。

あがり症克服ができるワークショップに、ぜひお越しください😉

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら