あがり症克服は筋トレと同じです。 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症克服は筋トレと同じです。

2020.07.14

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師のkoba先生とhiroです。👨‍🏫
「あがり症話しベタスピーチ塾」自己紹介・挨拶・発表と聞いただけで緊張してしまう人、手や声の震えで悩んでいる方は是非受講してみてください。
NHK文化センター名古屋教室  毎月第2・4日曜 10:00〜12:00
NHK名古屋
中央はオアシス21      右の建物がNHK文化センター名古屋教室があります。

【開講前に新型コロナウイルス対応】
出入口扉は開放・隣接の部屋は空き・アルコール消毒・全館24時間換気にサーキュレーターで、部屋の空気を循環などの対応してから始めました。

【講師自己紹介】
 講師も初回1回目教室は緊張します、適度な緊張はし必要だと思っています。この教室はアナウンサーの前段階の人が来る講座です、人前で「吃音・どもり・書痙・・等々」お茶出しをするときに手が震えるなど、あがり症状は人それぞれ色々な症状が起きます。50歳の時、私は人前で話す声が震え、テキストを持つ手が震え、足のふくろはぎを机の下で押さえていました。メンタルクリニックも行き、人前が怖くなくなる薬を飲用しましたが、2時間後にしか効果が出てこないため、突然話を振られるような時は対応ができず、この講座をインターネットで知り、受講を継続し窮地から救われ講師をしています。
緊張解消法
●私(hiro)も5年前人前で話すとき、言葉が詰まり10分間の沈黙、その後は人前で話すときに、あがり症状が繰り返し起きるようになり、改善するのにたどり着いたのがこの講座でした。2年間は毎月2回のNHK名古屋教室に通い、個人・ベーシック・アドバンス・インストラクターの講座も受講し、昨年より講座のアシスタントでこの場に立つまでになりました。

【勉強を始める前に】
まずは自己紹介をしましょう・・受講後はどのようになっていたいですか!

【あがりの基礎知識】
あがるとは・・あがりは病気なのでしょうか・・体では何が起きているか、セロトニン不足は要注意・・増やしましょう・・あがりやすい人まがりにくい人

【発声練習】
ストレッチ・・発声・・滑舌・・呼吸トレーニングに朗読練習

【自己紹介で、原稿を準備と実践】
先に自己紹介する人のコメントをしてから、自分の自己紹介としました。
ベテ生さんから「継続は力なり」そうです、「講座を続ければあがり症は改善できていきます」と話されたので、新規の方は少し安心したのではないかと思いました。あがり症改善は筋トレとよくにています。

🌷 この教室で、ひとつづつ改善していきたいです。
🌷 46歳、研修講習等をしていますが、話し方の改善をしたいです。
🌷 教室は4年目、職場で早口・語尾が不安定と言われました。
目標は、相手に合わせて内容を考え、ゆっくりと間をもって話したい。
🌷 36歳、話し方の基本を学びたいと思い、教室に来ています。
🌷 設計事務所勤務.この講座で相手を見て話せるようになりたいです。
🌷 2年前職場研修担当になり、インターネットで探し受講しています。
🌷 58歳、50歳の時に研修業務担当で挨拶を逃げていました。
 教室で対処法を学びますが、年に2回の他教室との発表会がいいです。
💐 管理職になると人前で話すことが多くなり、この教室に来ています。


自己紹介「語先後礼」で始まる、生徒さん
皆さん 内容が明確でゆっくりと皆さんの顔を見ながら話されていました。🙌

【次回スピーチ課題】
2回目は通常「他己紹介」ですが、密になる恐れがありますので、今回は「自分の夢を語ってください」自分の話す姿を≒2分~3分程ですが、録画録音で進めていきます。

1.日本人の8割以上が「あがり症」

「人前での過度のあがり、緊張」は、誰しもが抱える悩みとも言えます。講座でありのままの自分を表現できる幸せをつかみましょう!『自分が人前に出ることで、誰かの役に立つ事ができる。周りへの感謝の気持ちになり、人前を嫌いだ、怖いと思う気持ちより、そうした気持ち上回ったとき、それが真の「あがり克服」であると考えています。

朝礼

2 .あがり症講座「継続は力なり」

どんなことでも継続し続けていくことが成功の重要な要因です。はじめは何も成果がなくてもコツコツと継続する事は、忍耐力・熱意・目標に向かって続けるパワーが必要です、簡単なことではありません。
「千里の道も一歩より」着実に少しづつでも継続すれば成功する!
継続する事は難しいですが、正しい方法で一緒に改善練習しましょう。
※  時間の限度もあり、講座に来て早く改善しましょう!

3.表情筋トレーニングは、あがり改善

あがり症セルフチェック
笑顔トレーニング 表情筋使い方は、鏡を見て笑顔にみえるように意識する。マスクを着けると表情が分かりにくく、声もくもるが、笑顔の作り方として、表情筋を上げると頬の筋肉を盛り上げるようになり、意識しながらマスクの中の口を開いて『イー!』と口ずさんでみましょう!

表情筋が隠れて冷たい印象を与えても、目尻を下げれば笑顔に見えます。マスクで隠れている部分も大げさに笑顔を作ろうと意識すれば、自然に目尻が下がり優しげな表情になります。(目元で笑顔表現)

世の中はマスクがファッションの一部となり、マスクをして顔が見えにくい状況の中、声をしっかり届けることに注意し、通常より「ゆっくりとはっきり、丁寧に話すように心がけてください。」

全員あがり症講座を経験した講師です、あがり症を克服しましょう!
講座の予定、ご予約はこちらから!
 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら