あがり症克服、アラ探しをやめてコツコツ積み上げよう! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症克服、アラ探しをやめてコツコツ積み上げよう!

2020.07.01

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 kaoです 🙂

仙台であがり症克服ベーシック(初級)セミナーを行いました‼

セミナー教室

ベーシック(初級)セミナーとは、基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、7時間で声や手の震えといったあがり症状の根本的な改善を行う講座で、受講後はどなたも人前で堂々とスピーチできるようサポートします

1.自分や他人に厳しい人は、あがりやすい!?

あがりやすい人は、自分にも他人にも厳しい人が多いようです。
その背景には、失敗を許せない、と言う気持ちがあります。

自分の失敗はもちろん、他人の失敗にも敏感で、どうしても「あら探し」をしてしまうのかもしれません。

物事には、表と裏があります。オセロにも白と黒がありますね。
あら探しをしている状態は、常に裏側、黒い方ばかり見ているのと同じです。

2.あがり対策 できていることを認めよう

例えば、ベーシック講座では、スピーチしている姿を動画撮影します。
目的は、自分が発表している姿を客観的に見て安心するため。

しかし、感想を聞いてみると、ほとんどの受講生の方は、まず悪いところを話されます。

先日の講座でも、みなさんの第一声は、「自信がなさそうでオドオドしている」
「棒読みになっていた」など、できていない自分への指摘でした。
さきほどの例だと、裏面、オセロの黒い方ですね。

あがり克服法をこっそり教えます

そしてその後「良かったところはありますか?」と質問すると、みなさん、ンーっと一瞬考え込んでしまいます。

でも、ちょっと考えてもらうと、「思っていたより声がしっかり出ていた!「聞いてくれてる人の方を見ながら発表できた!」など、表側、オセロの白い部分もちゃんと出てきます。

このように、できている事は、どうしても後回しになりがちですが、できていない所を把握するのは、もちろんとても大事です。

改善点が見つかることで、修正ができるからです。

しかしながら、まずは、良い点を認めることが最優先です。
良い点、出来ている所などの土台をしっかり認識する事で、スキルや学びが積み上がっていくからです。

3.あがり克服への習慣

ついつい、アラ探しをしてしまうのは、習慣になっていることが多いです。

何十年もやってきた習慣を変えるのは簡単ではありませんが、まず意識することが大切。

自分にも他人にも厳しいな、と感じた方は、最初にオセロの白い方を見る習慣を持つといいですよ!

安心する人

当協会の講座でも、あがらないための考え方、体の使い方などスキルをお伝えしながら、みなさんの持ち味、良い点を1つ1つ確認しながら、直すべきところを改善していきます。

ご自身の良い点、改善点が分からない、という方は是非講座を受講してみてくださいね。
講師の目線から客観的にお伝えさせていただきます。

同じ悩みを持つ仲間と一緒に、改善すべきところを見極めて1つ1つ直していきましょう!

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら