あがり症と司会 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症と司会

2021.03.28

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会のsatoshiです。(^^♪

銀座校であがり症克服個人レッスンを行いました‼

個人レッスンとは、60分のカウンセリングと個別指導を行うことにより、各々の緊張の悩み、症状を確実に改善へと導く講座です。✨

1.司会でのあがり症克服法①

マイクを持つ手

100名以上の前で司会をする時や少人数の前で司会をする時でも話すポイントや事前準備は変わりません。

司会の役割は、スム-ズに会を進行させていく事なので、事前にプログラムを把握しておき、挨拶→進行→締めという流れになってきます。
その中でも時間通りに終わらせることは、司会者の役割として、とても重要な事です。

時間がズレ込んでしまうと、参加者の中にはその後の予定が大幅に狂ってしまう方もいるからです。
あがりの対策としては、事前に進行シュミレ-ションを必ず行い、発声練習をします。もちろん会場には早めに到着して、司会台があれば、その前に立って会場を見渡しておきます。

ストレッチも必ず行ってください。
とにかく80%は事前準備という気持ちを忘れずに・・・😙

2.司会でのあがり症克服法②

良い話し方教室

司会者は、会場の参加者を導いていく存在なので、服装はもちろんですが
姿勢をまっすぐにして、胸を張って話しましょう。
この姿勢はあがり対策にも効果的です。

そして、感情を込める司会進行を意識出来たら最高です。
例えば、会場での表彰式や催し物があった際に、身振り、手振りを用い
嬉しい事や楽しい事があった時は、率先して拍手をすれば、きっと周りの方々も一緒になって拍手をしてくれるはずです。

司会者は、みんなをまとめる存在なのです。
ただし、司会者がメインになることだけは、注意しましょうね。
メインはあくまでも参加者なのですから・・・

とにかく、皆さんに楽しんでもらう。会議などだったら、みんなに意見を言ってもらう。その事に徹して司会をする。
その気持ちに意識を集中させましょう。

3.司会でのあがり症克服法③

司会での事前準備として、必ず台本を作りましょう。

あがり対策には必須のアイテムです。
出来れば、意図しないトラブルがあった際の対策も書いておけば安心できます。

台本作成には、ある程度余裕を持った時間の配分にして、柔軟に調整できるようにしておくのがポイントです。
事前にトイレの場所や休憩場所なども把握しておき、アナウンスしてあげて下さい。

そして台本を作成したら、実際に声を出して何度も読んで、自分の言葉として話せるように練習します。
出来るだけ他の人に聞いてもらったり、必ずスマホなどで動画を録画して自分自身を客観的に見ながら練習するのがおススメです。

とにかく何度も言いますが、事前準備は必ず行ってくださいね!

個人レッスンでお待ちしてます。😄

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら