目指せ!伝わるスピーチ🎤 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

目指せ!伝わるスピーチ🎤

2021.06.15

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 chieです✿

名古屋校であがり症克服ワークショップと個人レッスンを行いました‼

教室

☝6月の名古屋校はオフィスパーク栄CHUTOホール会議室での開催です。

名古屋市中区栄4丁目16番29号 中統奨学館ビル
・地下鉄「栄」駅 13番出口 徒歩5分
・地下鉄「矢場町」駅 1番出口 徒歩3分

ワークショップとはベーシックコース、個人レッスン、カルチャースクールの講座を修了された方のための勉強会です✨

個人レッスンとは、60分完全オーダーメイドのレッスンです。手の震え、声の震えなど受講生の方の目的、お悩みに応じて、元あがり症の講師が優しくレッスンいたします✨

1.呼吸と間

テンポのいい話し方をするNさんのスピーチは心地よくすーっと耳に入ってきます👂気を付けていることを聞いてみました🎤

「呼吸」を整えるため「間」を取ることを意識しながら話すことを心掛けているそうです😀

呼吸が上手くできないと苦しくなります。そして余裕もなくなり焦りがでます。そうなるとその場を早く立ち去りたく早口になったり、頭が真っ白になり何を話していいか分からなくなってしまいます😫

呼吸を整えるためにも「間」は必要です。緊張すると息を吐くことを忘れてしまいます。呼吸が浅くなると喉が詰まった感じになります。これでは話しずらいですね。苦しくなってきたら思い切って「間」を取り、リセットして下さい。

呼吸といえば、ゆったりとした深い呼吸が大事です。

ろうそく🕯の火を消すように口をすぼめてゆっくりと息を吐き出します。吐ききったら鼻からゆっくり息を吸い込みましょう。丹田に空気をためていくイメージでお腹を膨らませます。吸うときの倍くらいの時間をかけて息を吐き出すようにして下さい。マイナスイオンたっぷりの森の中でリラックスしながら呼吸していると想像しながらやってみて下さい🌳🌳🌳

2.元気になるスピーチ

Tさんのスピーチを聞いた感想をYさんにお願いしました。「気分が沈んでいる時でもTさんのスピーチを聞くと元気になります😀」とコメントがありました✨嬉しい褒め言葉です㊗また長年通ってくれているSさんも職場で「Sさんの朝礼スピーチは楽しいのでしっかり聞く👂」と言われるそうです。TさんもSさんも教室に来た当初は別人でした。個性溢れるスピーチとは程遠かったです。しかし継続してあがり克服と向き合い練習してきました。今では「Tさん、Sさんのスピーチを聞きたい!」と言わせるまでになりました。素晴らしい努力です👏

あがり克服法

嫌々話していると聞き手にもそれが伝わってしまいます。緊張から早く逃れたいという気持ちはとても理解できますが、何度場数を踏んでもそんな気持ちだとあがりは改善しません。

人それぞれのキャラクター溢れるスピーチができれば最高だと思っています👍ワークショップでは様々な練習ができますし、同じ悩みを持つ仲間と話すことにより気持ちが楽になったという話はよく聞きます。また色々な人のスピーチを聞く機会になるので、気付きがたくさんあると思います。

聞き手に伝わるスピーチを経験すると話すことが楽しくなります。ワークショップでお待ちしております😌

3.あがり克服の駆け込みウエルカム

個人レッスンを受講して下さったMさん。翌日が朝礼本番でした🎤原稿のチェック、声の出し方、立ち居振る舞いなどお悩みに応じてレッスン致します。

話す内容が曖昧だったMさん。話す内容に自信がないと緊張します。具体的なエピソードを入れ原稿を修正し、一言スピーチの内容をまとめました。話し方で気になったことは「早口」でした。深い呼吸を意識しながら、メトロノームをゆったり刻むイメージで話してもらいました。また緊張している時は全体的に「上がって」いるので、重心を下げるといいです。ジャンプしてみて下さい👣💨頭の方にある緊張の重りをジャンプしながら下げるイメージです👇トン!トン!トン!と順番に下げていきます。そして声はお腹から出すことを意識します👄💨鳩時計を想像して下さい。お腹のドア🚪が開いて「皆さん、おはようございます」です⏲

朝礼

Mさんの朝礼が仕上がりました🎤

個人レッスンは60分完全オーダーメイドのレッスンです。前日の駆け込みもウエルカムです😊不安要素を取り除き、自信を持って本番に臨めるよう元あがり症の講師が優しくレッスンさせて頂きます📝

兎に角❕決して一人で悩まず、困ったら教室に来て悩みを打ち明けてほしいです。いつでもお待ちしております😌

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容