あがり症(=同じ悩み)を持つ人と話したい あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症(=同じ悩み)を持つ人と話したい

2021.06.03

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
銀座であがり症克服ベーシック講座を行いました‼

目の前には緑に囲まれる歌舞伎座🌳✨
銀座

ベーシック(初級)セミナーとは、基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、声や手の震えといったあがり症状の根本的な改善を行う講座です✨

1.泣いているの?と振り向かれた本読み

今回ご受講頂いた生徒さんは、こどものころから人前に対する苦手意識を持った方が多く集まりました。

Aさんは、小学校4年生のときに合唱発表会でソロがあったそうですが、始まるまでは何も意識していなかったのが、全校生徒を前にした瞬間に足がガクガク震えることを感じたそうです。

そのときから人前恐怖症が始まりました。

小学校5年生の本読みでは声が震えて、前の席の子が振り返って「泣いているの?」と言われたことにとてもショックを受けました。

このような体験はAさんだけではなく、あがり症克服協会に駆けこまれる生徒さんの大半の方が、実は経験しています。
私も高校時代ですが本読み恐怖から始まりました。

そのときは「こんなことで悩んでいるのは自分だけ」と絶対に思っていましたが、そうではなく、同じように抱えていらっしゃる方がいることを、講座を開くたびに知ることができます。

講師もそうですし、他にも克服した生徒さんは山のようにいますから、まずはそのことに希望を持っていただきました😊
希望

2.電話口で声が震える原因と対策

別の生徒さん、Kさんも声の震えにお悩み、そして決まった文章を読むことが特に苦手とのことでした。

確かに会話をするととてもおしゃべりで(笑)、次から次に話が続いていきます。

しかし例えば、会社で電話がかかってきて社名を名乗るとき、「はい、〇〇△△会社です」という言葉も、最後の方になると声が震えてきてしまう、というお悩みをお持ちです。

声の震えは呼吸の強さと深い関係があるので、「一息で何秒『あーーー』声が出せるか」を計測しました。

すると、なんと33秒!!
呼吸

これは、とても素晴らしい記録です。

そして今度は、「はい、〇〇△△会社です」という時間を計測してみました。
およそ、3.5秒でした。

声の震えは、強い呼吸・強い発声で克服することができます。

緊張しているときは、どうしても呼吸が浅くなっています。
呼吸が浅いと、喉や胸の震えに声が負けてしまいます。

対策としては、単純。
そうです、電話に出る前に深い呼吸をすることです。

なにせ、33秒出せる力があるのですから✨

めいいっぱい吸って腹式呼吸で話し始めれば、呼吸の強さで、3.5秒間震えに負けない発声をすることができるようになります✨

3.あがり症(=同じ悩み)を持つ人と話したい

講座を受講して下さる生徒さんの受講動機を毎回聞かせて頂いていますが、もちろん、ご自身のあがり症克服が一番の共通点であることは間違いないですが、そのためのアプローチは、ネットを検索するといろいろ出て来ます。

今回お聞きしてよかったなと思ったのは、「同じ悩みを持っている人と話したい、共有したい」という受講動機でした。

そうなんですよね、普段なかなかあがり症ということをオープンに打ち明けて話すこともできないですし、「緊張する」と言っても、「私も緊張するよ~」と返事はあるものの、それとこれとは違う…(笑)というのを共感しあえないことが多かったりします。

HP上での「受講生の声」に乗せているように、「講師紹介」で各講師が深刻なあがり体験をしていたり、そられを読んでいただいて「そうそうコレコレ!」と思われて、当協会講座にお申し込みいただく方が大変たくさんいらっしゃいます。

あがり症克服のためには、同じ悩みを持つ人と交流を持つとよいです。
交流

今まで言えなかったことが言える。

それだけでも気持ちが楽になります。

いつでもあがり症(=同じ悩み)を持つ人と会えますので、またいつでもお越しください😊

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら