脈拍180のあがり症状改善 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

脈拍180のあがり症状改善

2021.06.01

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
オンラインであがり症克服理事長SPクリニックとワークショップを行いました‼

オンライン

理事長SPクリニックとは理事長鳥谷朝代が皆様を直接診察し、人前での緊張や話し方、コミュニケーションのお悩みをずばり!とことん!解決する講座です✨ワークショップは実戦形式の練習の場です✨

1.あがりに悩む公務員の方

昨年度一昨年と大変好評を博した「理事長SPクリニック」、今年も開催しておりますが、今回はオンラインでの講座でした。

まだまだ自由に外出できない環境にいらっしゃる方もたくさんいると思います。

そんな方達にもぜひ理事長SPクリニックを受けて頂きたい!そんな気持ちでオンラインでの特別レッスンもご用意いたしました。

「遠方・多忙で早く結果を出したい方、必見!」としているのですが、今回ご参加いただいた生徒さんたちは、何と公務員率100%でした✨
公務員

何度かこちらのブログでも言っているかも知れませんが、本当に最近公務員の方の参加率が高いです。

コロナで在宅ワークが広がっていますが、それでも出社しなければならない仕事、そしていわゆるエッセンシャルワーカーの方でもあるのが公務員の方達です。

2.役職があがることへの不安

そしてさらに、管理職であることも共通点としてありました。

当然管理職になれば、人前で話す機会も増えて来ますね。

仕事はとてもできるけれど人前は苦手・・・そんな管理職の方とたくさんお会いしてきました。

管理職になると議会対応や予算説明など多くなるそうです。
私は公務員経験はありませんが、あまりにも多くの公務員の方とお会いしているので、その実情をかなり把握してきました。

今回ご参加いただいたSさんは、全く知らない人の方が楽で、上司や少し知っている人の前だと脈拍が180くらいになりパニックに近い状態になったご経験がありました。
脈拍
ちょうど今年の春から管理職になられたそうです。

また別のKさんも管理職で、人事発令など決められたことを発するのが苦手、吃音もあるとのお話でした。

どちらも克服のカギは、呼吸方法や発声方法です。

とてもまじめに取り組まれる方達で、レッスンのなかでメキメキと話し方が上手になられていきました。

吃音で難しい発音があるのは仕方ないと割り切って、できるところを鍛えて、トータルで上手に話せるようになろうと、心を入れ替えることができたとおっしゃっていました✨

3.オンラインにありがちな終わり方

オンラインワークショップの方も、全国各地からお集まりいただきました✨

オンラインのよいところは、マスクなしで受講できること。

顔の表情も口の形も全て確認できます。

マスクを外しても安心して会話できるのってこんなに楽か~と思いますね。

ただ、オンラインならではのデメリットももちろん存在します。

デメリットというほどではないかも知れませんけど、話の終わりが分かりにくいのです。
オンラインの場合は雰囲気として感じ取りにくいのだと思います。

なので、オンラインの場合は対面以上に、「話しはここで終わりです!」というアピールをした方がよいです。

後味が悪いと、頭の中の反省会が続いてしまいます。
それは、次の人前機会に対して不安を残してしまうことになります。

なので、今回のワークショップでは、「終わりよければ全て良し!締めの言葉をはっきり言いましょう!」をテーマにしました。

スピーチの締めをしっかりするだけでも印象はだいぶ変わります。
何より自分の達成感が高くなります。
拍手

こういうことって、自分ではなかなか気づけないことですからね。

あがり症を克服する教室だから、言いやすいし、受け入れやすい環境が整っています。

素直になれる教室です😊

確実にあがらない話し方が上達していきますので、ぜひまたお越しください。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら