震える声を克服する毎朝の習慣 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

震える声を克服する毎朝の習慣

2021.05.28

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
福岡であがり症克服ワークショップを行いました‼

梅雨の晴れ間の福岡、明るい教室で行いました🌞
福岡

ワークショップとは実戦形式の練習の場で、症状を改善へと導く講座です✨

1.人前での視線シャワーに慣れる一言

いきなり本番で人前に立つと、めちゃくちゃ緊張します。

なので、事前に一度、前に立っておくことが本番の緊張緩和としてオススメです。

ワークショップも1カ月ぶりだと、なかなか最初は緊張感を持つ方もいらっしゃいますよね。

そのため、まずは1回前に出てみることです。

講座では最初に一言スピーチで近況報告を行っていただきました。

昔そういえば、プールに入る前にめちゃくちゃ冷たいシャワーを浴びていた記憶が蘇りました。
プール

あれと同じです(笑)

一度出ておくと免疫みたいのが発動して、二回目以降が楽になってきます。

何も話さなくても、講座が始まる前に立っておくだけでも効果があります。

早めにワークショップに来て、少しでも行っておくことをオススメしています。

2.震える声を克服する毎朝の習慣

ワークショップでは本番練習やフリースピーチ、本読みなどお好きなことを練習していただけるようにしています。

今回本読みで「外郎売」を披露してくださった生徒さんがいらっしゃいました。

「外郎売」とは、元々は歌舞伎の演目で、現在では声を使う職業の方(アナウンサー、俳優、声優の方など)が基本中の基本として練習する題材でもあります。
歌舞伎

読んでみると普段使わない言葉遣いが並んでいて、とても難しいです。

練習を重ねないと、なかなかスムーズに読むことができません。

その生徒さんは、毎朝発声練習しているそうです。

「朝発声練習をすると、とても気持ちいいです。その日一日、声の出がとてもよくなります。」

とおっしゃっていました。

今回のワークショップで披露されましたが、びっくりするほど以前より大きな腹式発声ができるようになっていて、とても滑らかに読まれていました!

毎日欠かさずの発声練習はウソをつきませんね✨

3.震えてきた時の力の入れ所

緊張してきて話していると、段々体の震えを感じることもあると思います。

リカバリ方法としては、まずはカラダから治すことです。

姿勢を正しくして、目線を上げる、腹式呼吸でまずは息を吐き切ってから、深く息を吸い込む、など。

そして上半身をリラックスさせるとよいのですが、そのためには、お腹(丹田)に力を入れることです。
体幹

全身の力を抜くと、カラダが安定しません。

力を入れるところに集中することで、それ以外のリラックスしたいところがちゃんとリラックスできるようになります。

これら、カラダの使い方を見直すだけでも、かなり緊張緩和に効果があります。

以前は朝礼で途中から身体が震えてきてどうしようもなかった、という方も、最近は本番で持ちこたえることができるようになったとの報告がありました!

これまで取り組まれてきた成果ですね。

ワークショップは実践練習の場、改善へとつながりますので、ぜひこれからもご参加ください。

ベーシック講座、個人レッスン、カルチャースクールの受講歴がある方であれば、いつからでもご参加いただけます。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら