楽しくあがり克服出来るコミュニティー講座 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

楽しくあがり克服出来るコミュニティー講座

2021.04.27

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口伸一郎です。

栄中日文化センターであがり症克服講座を行いました‼

今日から4月期の6ケ月が始まりました。新しい方が約半分を占め、新学期という感じになりました。このコロナ禍ですが、あがり改善を志す同志で教室はいっぱいになりました。老若男女、社会人1年生から間もなく定年を迎えるという方まで参加して頂きました。当教室は人前実践重視で、楽しくあがり克服出来るコミュニティーの場でもあります。お友達もたくさん出来ますよ~。

1.藁をも掴む思い!

4月期の初回講座、新たな仲間が加わったので、皆さんに自己紹介をして頂きました。新しい方の自己紹介スピーチで多かった言葉が『藁をも掴む思い』でした。それだけ切迫しているという事ですね。人前に立つと過呼吸になる、地域の役員になって人前に出る機会が増えた、面接で大緊張した、朝礼で大失敗した等、皆さんそれぞれの悩みがありました。皆さん、これからあがり改善の第1歩を踏み出しました。講座で基礎知識を得て、人前実践でスピーチ練習を重ねる事により、藁を鉄棒に変えてみせます。鉄棒を掴める事により、そのまま流されずにあがり改善が出来ます。途中棄権ではダメ!継続する事が前提条件になります。藁のままに流されるか、鉄棒に変えるかはあなた次第です。

ガッツポーズ

 

2.あがり克服にも努力が必要です!

ベテラン継続生のSさん。毎回のように教室に1時間前に来てスピーチ原稿の復習。外郎入りも猛練習してフル暗記されてます。スピーチも毎回原稿化されて、時間も持ち時間の2分ピッタリです。当教室の見本のような存在です。そんなSさんから新入生に対して手厳しい『活』が入りました。それは『努力する事!』。何のために来たのか?あがり症を克服したいんでしょ?これ以上トラウマは作りたくないでしょ?だったら、そのための努力をしなさい!というメッセージでした。あがり克服に限らず、目標達成するためには何にでも言える事ですよね。辛い事、嫌な事はつきものです。逃げずに継続して頂きたいですね。自分のために。

笑顔

 

3.自己採点と他己採点ではGapがある!

講座後、公園でお茶している時の事。前回P1(プレゼン大会)チャンピオンのKさん。今回のスピーチは失敗したと嘆いてました。スピーチ途中で詰まって、笑顔で『緊張してきちゃった~』と皆を和ませるKさんらしいスピーチでした。それを自身は失敗、周りはそれもスピーチのうちと思い、山口含め誰1人として失敗という認識はありませんでした。だから皆、唖然!皆から慰められたKさんはとうとう泣きだしちゃました。殆どの方が自己採点は低い傾向があります。見ている側とのGapがあるのです。見ている側が良かったというのであれば、良かったのです。敢えて自分を虐めるなんて勿体ない話です。自称日本一のあがり症であった山口もそうでした。毎回自己採点はゼロ。自己嫌悪ばかりでした。でも今では、毎回自己採点は100点。自身に自信をつけさせるためにも自分を褒めてます。時に暴走するのが欠点ですが。

口角

 

次回のスピーチテーマは『他己紹介』です。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら