あがり症克服、3つの共通点(上昇気流に乗ろう) あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症克服、3つの共通点(上昇気流に乗ろう)

2021.03.26

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 kaoです✨

3/21(日)仙台で、あがり症克服個人レッスンを行いました‼

GOOD

個人レッスンとは、60分のカウンセリングと個別指導を行うことにより、各々の緊張の悩み、症状を確実に改善へと導く講座です

コロナ対策は万全です。マスク着用、手指アルコール消毒、出入り口の開放、ソーシャルディスタンスの確保、発声は控えめなどの対策をして行いました。安心して受講していただけるよう最大の配慮をしております

 

1.あがり症克服、3つの共通点

あがり症を克服する人には、3つの共通点があると感じています。

それは、
1. スキルを学ぶ
2. 学んだことを実践してみる
3. 成功体験を積む

私は現在、認定講師をしていますが、この3つをすべて経験してきました。そして、今でも続けています。みなさんはどうでしょうか?

得点アップ

その他に考えられることでは、自分のあがりと向き合う「勇気」や、学び続ける「忍耐力」などもあるでしょう。これらは、学び、実践、成功体験、いずれにも必要です。そして、こうしたことは、そもそも「遠回りのようで近道」。努力に対して大きな成果を得ることができる可能性があります。適切に努力していけば、学んだスキルが成功体験になっていくので、あがりに悩む日々からの解放も早まります。このようなことは「最初が大変なことが多いですね、そして、そこを乗り越えるとラクになっていく」という構造になっているようです

2.1つだけ動こう

スピーチ力は練習した分だけ上手になる。なぜならスキルだから。これってとっても大事なのに誰も教えてくれないんですよね…..。だから知らない方も多いのです。(私も当協会に出会うまでは知りませんでした)。安定した声で話すための腹式呼吸や、文章構成の型など基本的なスキルです。それに先ほどの、自分のあがりと向き合う「勇気」や、学び続ける「忍耐力」(継続力とも言えます)など精神面が合わさることで両輪となり、うまく回転し始めます。人前での成功体験ができるのです。

オッケー

もし、スキルを知っているなら、職場などスピーチする場面を使って、腹式呼吸で発声してみるといいでしょう。声の震えや緊張が少しおさまるかもしれません。残念ながら、スキルも知っているだけでは本当に使えるのかどうかは分かりません。まだスキルを知らないのなら本や動画、その他の教室で学んでみるのもいいと思います。あがり症は悩んでいても克服はできませんので、何か1つでいいから動いてみましょう。

3.上昇気流に乗ろう

あがり症克服には

1. スキルを学ぶ
2. 学んだことを実践してみる
3. 成功体験を積む

これらのことを、あがり症で20年ほど悩み続けた私の経験からオススメします。とくに「3」の成功体験を積む、がもっとも重要です。私も強く意識してきました。ここ最近では、先日受講生のSさんが職場のスピーチで成功されたそうです。「声がふるえず最後まで話し通すことができた」こういった報告が講師として一番うれしく、何度でも聞かせてほしい当協会の講座では、日々、受講生のみなさんが1日も早く成功体験が積めるようサポートしています。私なんて、とあきらめていませんか?あなたもぜひ「学ぶ実践成功」の上昇気流に乗りましょう

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら