緊張すると声が震える…なぜ? あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

緊張すると声が震える…なぜ?

2021.03.15

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
オンラインであがり症克服ベーシック(初級)セミナーを行いました‼

オンライン

ベーシック(初級)講座では、あがりの基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、声や手の震えといったあがり症状の根本的な改善を行います✨

1.緊張すると声が震えるのはなぜ?

オンライン講座もすっかりおなじみになってきましたが、新型コロナウィルス感染拡大がなければ、今もまだ当協会でオンライン講座はもしかしたらやっていなかったかも知れません。

もうすぐちょうど1年になりますが、休講を余儀なくされて、それでも人前で話す機会があり、あがり症に悩んでいる人がゼロになるわけではないので、オンライン講座を開講することといたしました。

そして、オンラインでも十分、あがり症克服のトレーニングができることを実証してきました。

あがり症の一番多いお悩みは、声の震えです。

「緊張すると声が震えてくる…なぜ…」と思った経験、多くの方にあると思います。
なぜ?

そもそもなぜ緊張すると声が震えてくるかですが、不安や恐怖を感じると、神経伝達物質のノルアドレナリンが体中に分泌されます。

そうすると、自律神経のうち交感神経が活性化されて、心拍数が上がったり、血圧が上がったり、呼吸が速くなったり、筋肉が震えてきたり…といった体の症状が出て来ます。

今回ベーシック講座にご参加頂いた方も、緊張したときの声の震えにお悩みの方がたくさんいらっしゃいました。

2.声が震えない方法はオンラインでも学べる!

不安や恐怖に対して自分の身を守るための、動物としての本能という見方がありますが、とはいえこのあがり症状によって人前で話すことが苦痛になっていては、本能もやっかいなものでしかありませんよね。

緊張自体はある程度あった方が、集中力やパフォーマンスは発揮できるので、対策としては、緊張(不安や恐怖)をコントロールすることを覚えることです。

その方法は、オンラインでも十分学んで頂くことができます。
オンライン

緊張したときの声の震えを克服する方法ですが、腹式呼吸が大きな武器となってきます。

みなさんにこういった経験ありませんか❓

1.自分の出番が来るのを待っている間、とても緊張してくる。

 ↓↓↓

2.心臓がドキドキ、前で話している人の話も集中して聞けない。

 ↓↓↓

3.頭の中は自分のあがりのことでいっぱい。

 ↓↓↓

4.いざ自分の番が来たら、緊張マックスで第一声から声が震えた。

 ↓↓↓

5.その震えを感じとったら、ますます緊張して来た。

 ↓↓↓

6.もはや、自分の緊張以外のことは考えられない。

さて、どうやってこの負のスパイラルから抜け出しましょうか❓

答えは簡単、緊張しても震えない声を手に入れることです。

その方法はオンラインで学んで頂くことができます。

3.画面でチェック!震えない声の出し方

オンライン講座では、音声だけでなく顔を画面に表示させながら進行していきます。

震えない声の出し方は、カラダの使い方がポイントになってきます。

お腹の動かし方、呼吸の仕方、姿勢もそうです。

それらを客観的に自分を見ることが出来るツールと言えば、鏡です。

しかし鏡がなくとも、オンラインであればPCやスマホに自分の姿が映っているのですぐに確認ができます。

講座中、話し方の動画チェックを行っています。

その動画を見て、震えない声の出し方に必要な項目ができているかひとつずつ確認を行います。
驚き

生徒さんご自身もとても納得いく形でご自身の体の使い方を直していくことができます。

もちろん、生徒さんの理解度を確認しながらなので、講座が終わっても「腹式呼吸って何だかよくわからない…」がなくなってきます。

最後のあがり度チェックでは、最小の1を飛び越えて0宣言をしてくださった方までいました!

「なぜ、緊張して声が震えるんだろう…この声の震えさえなければ…」

そんな自問自答、反省や後悔を続けていても克服はできません。

いち早く、震えない声の出し方を学ぶことです。

そして、繰り返し継続して、場慣れもしていくようにすれば、あがり症克服は確実に一歩ずつ毎日進んでいけます😊

緊張すると声が震えるお悩みをお持ちの方、ぜひ試してみてください。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容