あがり症のお悩み何でも相談 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症のお悩み何でも相談

2021.03.07

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 daisukeです 🙂
銀座であがり症克服ワークショップと個人レッスンを行いました‼
銀座

ワークショップとは実践練習の場、個人レッスンとは、60分のカウンセリングと個別指導を行うことにより、各々の緊張の悩み、症状を確実に改善へと導く講座です✨

1.あがり症のお悩み何でも相談

ワークショップでは新型コロナウィルス感染拡大防止策を講じています。

会場の人数制限をかける中、会場制限めいいっぱいの生徒さんが来てくださいました。

今は年度末の時期、そして4月からは年度始めの時期ということで、人前で話す機会が出てくる方も増えてくる時期です。

そんなときにあがり症の相談ってしたいと思うのですが、なかなか相談先がないのが実情ではないでしょうか。
相談

心療内科で医者やカウンセラーに相談するという手もありますが病院って抵抗あるし、身近な人に相談しても、「大丈夫だよ!」と元気づけてくれることはとてもありがたいのですが、「私の深刻なあがり症のことを分かってもらえていない…」と孤独を感じることも少なくないと思います。

ようやくあがり症克服協会のことを見つけってくださった方は、本当にラッキーだと思います😊

本で知った、ネットで検索して知った、あるいは知人の紹介で知った、いろんなパターンがあると思いますが、あがり症の方があがり症克服協会と出会うのか出会わないのかは人生において大きな違いがあると思います。

講師は全員元あがり症ですし、生徒さんも同じ悩みを抱えているから何の気後れもなく相談することができます。

持つべきは友、今まで孤独に感じていたあがり症の世界が一変、あがり症だったからこそこういう仲間と出会えたという今までの自分を肯定することもできるようになります😚

あなたにはあがり症を相談できる人はいますか❓

2.スピーチの途中でつまずいたとき

スピーチは初めの一言が肝心、これは不変の事実だと思います。

あがり症の人は特に、第一声で大きな声が出せると非常にラクになってきます。

自分の声が出ている、震えていない、と思えると、そこからあがっていくことがなくなっていきます。

しかし、だからと言って第一声でつまずいたら全てスピーチは台無しかというとそんなことはありません。
転倒

転んでも立ちなおるチャンスは目の前にいくらでも転がっています。

少しスポーツに例えると、スポーツには大きく分けて2つのタイプがあります。
制限時間で終了を迎えるスポーツと制限時間以外のルールで終了を迎えるスポーツです。

前者は例えるとサッカーやラグビー、後者はテニスや卓球などです。

スピーチに客観的な勝敗の指標はありませんが、私は上記で言うと後者のスポーツと思って取り組んでいます。
あがり症で苦しんでいた時期は、前者のスポーツと捉えていました。

後者は時間にとらわれないので、いくらでも自分のペースで失敗をリカバリしていくことができます。
特にテニスはミスがつきものです。しかし試合は動いていきます。試合中にイチイチそのミスにとらわれていては次のプレーに悪影響が出てしまいます。リカバリのチャンスを自ら放棄するようなものです。

ミス(失敗)はつきもの、そして次のプレーでリカバリすればよい、という心構えでいると、スピーチするのも非常に楽な気持ちになってくるのです。

3.スピーチはトータル勝負

もちろんスピーチには多くの場合、時間無制限ということはないでしょうが、きっちり決められているわけでもありません。大体の時間枠に収まればよいことがほとんどのはずです。

ですので、話をするときにはできるだけシンプルに話そうとしたほうがよいです。時間ぎりぎりまで使うことを考えるよりも余白を残した方がよいです。

今回のワークショップでは都合3回、みなさんひとりひとりに前で話しをしていただきました。

あがってきたときのリカバリ方法の中で、「とにかくゆっくり話すこと」とお伝えしたこともあって、みなさん慌てて話すことはありませんでした。

スピーチは、終わりよければすべて良し!です。

個人レッスンの方は、「大きな声を出すことに集中していたら、あがりのことを忘れていました」との感想もありました。
ピッカリ

周りの視線とか、時間とか、自分の力でどうにもできないことを気にし続けると非常に苦しくストレスになってきます(最終的に自分の力でどうにもできないので、自分のメンタルがやられてきます)。

目の前が3人だろうが、100人だろうが、自分がやることは同じ!ストレッチは発声練習で準備して、腹式発声で大きな声を出すこと。あがり症克服のためにまずはこのことに集中してできるように毎日練習することです。

私は生徒時代、最初の受講日から毎日欠かさずストレッチや発声トレーニングを行ってきました。
そして自信がつき、あがり症に克つことができました。

この努力は裏切られません!

ワークショップも継続して行っています。

ひとりでは途中で投げ出しがちな人も、「習い事」としてしまえば続けていくことができますよ😊

いつでもまたトレーニングにお越しください✨

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら