あがり症のカミングアウト あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症のカミングアウト

2021.01.25

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会公認講師kobaです。

NHKカルチャー名古屋教室で「あがり症・話ベタさんのスピーチ塾」を行いました。

あがりを克服する6回のカルチャー教室の第2回目です✨
もちろん途中参加もOKです。

NHK名古屋

1.私はあがり症ですと言えるだろうか

あがり症は病気なのでしょうか、それとも性格なのでしょうか。。
一口にあがり症といっても範囲が広く日常の生活に支障をきたすケースから人前が苦手といえるケースまでいろいろあって線引きは難しいようですが、ほとんどの人は人前で話すことが苦手という意味で特別なことではありません。


人前で話すと頭が真っ白になるとか、声が震えるのを克服するためには自分の力だけでなく、ノウハウを持った専門家の手助けがあった方が良いという意味で病気とお医者様の関係に近いかもしれません。

心療内科
しかし、自分のあがりが誰にも言えない隠さないといけないことだと考えているうちは克服のための第一歩が踏み出せません。

2.あがり体験を話す

その第一歩を踏み出すためには、自分があがり症であること、それが原因でこんな失敗をしたことを誰かに受け止めてもらわなければなりません。

悩みながら一大決心をしてあがりのことを誰かに話しても上け流されてしまったこと、皆さんは経験がありませんか?

「僕はあがり症で、人前で話すと声が上ずって頭が真っ白になるんだ。」
「またまた!そんなことないでしょう」(本気で言っている)
「いや~・・・そんなことないでしょ」(ちゃんと聞いてはくれない)
「私も人前は苦手です。」(いつも平気で話をしているくせに)

あがり症克服協会の教室ではこうなります。
「私はあがり症で、今でも人前で話すと頭が真っ白になります。初めてあがったと思ったのは中学の・・・」
「うん、うん。辛かったよね。僕も中学の頃にね」
「そうですよね、人前で話すのは嫌ですよね。できれば避けたい。」

仲間

3.あがることに共感する

普段生活している場所では様々な人間関係があって、まともに取り合ってもらえることは多くないのですが、あがり克服を目的に集まったところでは共感の場になります。
今まで、あがっていることを悟られないように出来れば隠したいと思っていた「あがり」が平気で他の人に話せて共感もしてもらえるようになります。
このあがり体験を他の人に話すことで自分のあがりに正面から取り組むことができるようになります。
ここで初めて自分のあがりを人に話したという方も多いようです。

教室

教室ではあがり症自慢?のような言葉が出てくることもあります。
「私は、この教室で一番のあがり症です」
「私は日本一のあがり症だと思っています」
どうやって一番を決めるのか興味深いところもありますが一緒に克服していきたいと考えています。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら