あがり緩和のためにも時間的余裕も持つべし! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり緩和のためにも時間的余裕も持つべし!

2020.12.28

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口伸一郎です。

栄中日文化センターであがり症克服講座を行いました‼

新型コロナウィルスの第3波が叫ばれる中ですが、沢山のアガリストさんに参加して頂きました。勿論、コロナ対策は十分にしてです。あがり症を早く改善したいという意思の表れですね。

1.あがり緩和のためにも時間的余裕を持つべし!

今回、初参加のOさん。10分遅刻して教室に入って来られました。クラスメイト皆の視線が集中します。初めてだから、教室に入っても何処に座ればいいのか、何をしていいのか分からず、オロオロ。当教室では、初めての方にはテキストを現金で購入して頂いてます。そのテキスト購入手続きのため講座も一時中断。本人にとっては初対面のクラスメイトを前にして申し訳ない気持ちでいっぱいになります。緊張感もピークです。そんな気持ちで山口の話を聞いても暫くは頭に残りません。本人のスピーチでも、冒頭で遅刻に対するお詫びから始まりました。この時は緊張の第2波に襲われます。スピーチもちぐはぐになってしまいます。でも、このOさん、こうなる事を多少なりとも想像していたであろうにも関わらず参加した事は立派です。初参加であれば尚更ですが、時間的余裕を持って参加したいものですね。あがり緩和のためにも。

ソワソワ

2.勇気を持って引き受け、努力すれば出来る!

サービス業は自分には出来ないと思っていたFさん。ある機会があって不安ながらもサービス関係の仕事をやり始めたそうです。最初の頃は色々と失敗もあり心が折れる事もありました。しかし、めげずに分からない事は時間がかかっても自分で調べて、それでも分からない事は先輩に聞き、お客さんや上司に怒られながらも一生懸命、自分なりに努力してきたそうです。そうすると、少しずつですが、仕事がスムーズに回るようになり、お客さんからも褒められる事もあり、仕事が段々と楽しくなってきたそうです。今思えば、この仕事を勇気も持って引き受けて良かったと。これが今年一番の思い出だそうです。あがり改善も同じです。人前機会のピンチを勇気を持って引き受け、成功に向けて努力すれば出来ます!振り返ってみると、結果的にピンチはチャンスだったんだなと思えるようになります。自信も付きますしね。

自信

3.外国人だって人間、あがる時はあがる!

今回初参加のOさん。テキスト読みをお願いすると『私、中国人ですが、いいですか?』と。当教室初の外国出身の方にビックリ。断る理由もないため、読んで頂くと、スラスラ状態にまたまたビックリ。在日15年だそうです。受講動機を聞くと、毎月の会議で緊張するとの事でした。当たり前と言えば当たり前ですが、中国人だって人間、緊張する時は緊張するんですね。当教室、当協会も国際化が始まりました。Oさんにも、あがりについて色々とお話を聞きたいと思ってます。改めて考えるとあがりは万国共通ですから、当協会も海外進出は遠くないかもしれませんね。

ギャップ

次回のスピーチテーマは新年初回であり『今年やめる事は?』です。

栄中日文化センターの予定、御予約はこちらです。

あがり症克服協会の予定、御予約はこちらです。

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら