あがり克服を楽しく継続するための秘訣! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり克服を楽しく継続するための秘訣!

2020.12.06

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 chieです✿

名古屋校であがり症克服ベーシック(初級)講座を行いました‼

教室

☝12月の名古屋校はオフィスパーク栄CHUTOホール会議室での開催です。

名古屋市中区栄4丁目16番29号 中統奨学館ビル
・地下鉄「栄」駅 13番出口 徒歩5分
・地下鉄「矢場町」駅 1番出口 徒歩3分

ベーシック(初級)講座とは、1日で基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、声や手の震えといったあがり症状の根本的な改善を行います✨

1.小さな成功体験の積み重ねが大事

私chieは人一倍理想が高かったと・・・とつくづく実感しています。いつも実力以上の目標を掲げ失敗し、常に他人と比較し羨み落ち込んでばかりいました。努力も得意な方ではなかったです。

人前での発表がなかなか上手くいかないと悩んでいるOさんにKさんからのアドバイスがありました「小さな成功体験を積み重ねる」です。大変共感致します。あがり症の方の中には、目標を高く掲げてしまい、結局出来ずに落ち込み負のスパイラルに入ってしまう方がいます。

目標を下げる勇気をぜひ持って下さい!

Kさんの言う通り「小さな成功体験の積み重ね」が自信になり理想の自分に近づく方法です。小さな目標であれば努力もし易いのではないでしょうか。また目標を作る時はぜひ具体的にイメージして下さい。〇月〇日の50人の前での朝礼で第一声を大きく元気に話す🎤などです。あがり克服を楽しく継続するための秘訣です(^_-)-☆

2.笑顔で印象はガラリと変わる

笑顔が苦手な方っていると思います。マスクをしていても表情は伝わります。マスクをしていてもニッコリスマイルを心掛けて下さい。口角を上げ↑頬の位置も上げます↑すると声も明るくなります👄マスクをしているからって油断してはダメ×ダメ×。見えないところこそ気を使って下さいませ^^そして「目👀」もニッコリです。

Mさんは最初声も弱く硬い表情をしていました。しか~し、午後のスピーチタイムで変わりました。受講生の方から「笑顔になりましたね^^爽やかな優しいイメージです。話の内容もすっと入ってきました👂」とのコメントが出ました。その場にいた人は皆同じようにMさんの変化を感じました。Mさん、見事に聴衆を味方に付けました✌

マスクをしているからちょっとサボっちゃおうってことのないように!意外と・・・伝わっていますよ💦

3.人知れずあがりで悩んでいる人はいます

ベーシック講座で実際によく聞く言葉

❖人知れずあがりで悩んでいる人がいると知り安心しました

あがり症ってなかなか人には打ち明けにくい悩みですよね。私は性格だから一生付き合っていかなくてはいけない悩みだとずっと思っていました。他の人は私のように悩むほどあがりで困っているとは思わなかったし、あがりが克服できるっていう発想がそもそもありませんでした。ネットで教室(あがりに特化した教室)の存在を知った時は本当に驚きました。もっと早く知りたかったとさえ思いました。

ベーシック講座は初級講座です。最初は皆さん不安そうに教室に入ってきます🚪でもあっ!同じ悩みを持っているんだと分かり話していくうちに心がふわぁ~っと解放されていき人知れずあがりで悩んでいる人がいると知り安心しました」に繋がります。また自分を見つめ直す良い機会にもなります。

逃げる事にエネルギーを使うのは時間も体力も勿体無いです。私も以前は断る理由を探したり、なるべく話す時間を減らすように小細工を考えたり、緊張を悟られないようにするにはどうしたらいいかということばかり考えていました。結構疲れました💦どうせ使うならポジティブなことにエネルギーを使いませんか✨

元あがり症の講師が丁寧にレッスンしますので、安心してベーシック(初級)講座に来て下さいね。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら