あがりに怯える人生なんて勿体ない! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがりに怯える人生なんて勿体ない!

2020.12.06

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口伸一郎です。

大阪校であがり症克服講座を行いました‼

継続

コロナ禍ですが、コロナに負たくない、あがりにも負けたくたい関西戦士が集い、限られた時間で、効率的に、有意義に、楽しく講座を行いました

1.あがりに怯える人生なんて勿体ない!

この言葉、受講生さんのスピーチでありました。重みのある言葉ですね。あがり症であるが故に言える言葉です。あがり症であるが故に色々な苦しくて辛い経験をしたからこそ言える言葉です。山口含め受講生さん皆が共感された事と思います。勿体ないと思うなら、次はどうするか?です。怯えてばかりいても状況は変わりません。変わらないどころか悪化していく一方です。まずは、人前ピンチを勇気を持って引き受ける!です。嫌な事を嫌だと思うのではなく、嫌な事をどうすれば改善出来るのか?を考えるべきです。逃げていたら100%成功は無し。勇気を持って人前ピンチを引き受けて、努力する事により成功するかもしれない。それは数%かもしれない、いやそれ以下かもしれない。でも、自分次第でピンチをチャンスに出来るのです。只、1人で努力する事は時間がかかります。精神安定剤等の薬物は応急処置にしかなりません。同志がいる講座で練習した方が近道です。あがりで怯える人生なんて、本当に勿体ない話です。

ソワソワ

2.自分は自分!

自己否定感。どうせ自分なんかは、という感じです。人間、程度差はあれ誰しも思う事ですが、あがり症の方はこの自己否定感が強い方が多い傾向にあります。性格は直ぐに変わるものではありませんが、考え方は改める事が出来ます。自己否定感が強いと、ネガティブになり、やる気も起きず、人前では逃げ癖が付きます。人から何かを指摘された場合、冷静になってもう1人の自分を作り客観的に自分を見つめ直す事が必要です。どちらが正しいのか?相手が正しいと思う場合は素直に受け入れ、自分が正しいと思う場合は自分を受け入れる。人間関係を保つためにも、相手は相手の考えがあるので否定するのではなく話は聞く。自分は自分の考えがある。自分は自分です。アサーション(assertion)という考えです。

にこやか

3.オンラインWSで勇気をもらった!

オンライン・ワークショップ(WS)に参加する事で勇気をもらいました。その勇気でリアル講座にも参加する出来ました!とのスピーチがありました。あがり症さんにとって、リアルな講座に参加する事には勇気がいります。初めての教室で初対面の方々からの視線は怖いものですよね。当あがり症克服協会では、オンラインWS、Basic講座も行っております。同じ視線を受けるにしても、リアルな講座よりはハードルは下がります。いきなりのリアルな講座に参加するのはちょっと、という方にはオンライン講座は如何でしょうか?

オンライン

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら