あがりやすい「思考パターン」の直し方! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがりやすい「思考パターン」の直し方!

2020.11.29

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師kaoです
11
15日(日)NHK文化センター仙台教室で「あがり症・話しベタさんのスピーチ塾」を開講しました。自己紹介・挨拶・発表と聞いただけで緊張してしまう人、手や声の震えで悩んでいる方はぜひ受講してみてください。毎月第3日曜 10:0012:00

もちろん、今期もコロナ対策は万全です。全員マスク着用、手指アルコール消毒、出入り口の開放、ソーシャルディスタンスの確保、発声は控えめなどの対策をして行いました。安心して受講していただけるよう最大の配慮をしております。

1.緊張が高まる「思考パターン」!

あがりの原因は、性格、環境などがいろいろあります。その中でもとくにメンタル的な部分「思考バターン」は、多くのあがり症の人が抱える大きな原因の1つ。例えば、職場で上司に報告をするときなど、必要以上に緊張してしまった経験はありませんか?その緊張の背景には「見られている」「能力がないと思われたくない」「緊張しているのを悟られたくない」という思いがあるのではないでしょうか?このような思考パターンはより緊張感を高めてしまいます。

2.あなたの「思考パターン」はどれ?

あがりやすい思考パターンは大きく分けて3つあります。それは、1.自意識過剰グセ、2.ええかっこしいグセ、3.逃げグセです。あがり症で悩んでいた頃の私は、全部当てはまっていました。見られているという意識が強く、人前で話すときは異常に視線が気になるなど自意識過剰の塊でしたし、あがり症であることは絶対に秘密で、常にいいところを見せたいタイプでした。そして、自己紹介をするような場は避けるなど逃げグセもあったので三重苦ですね^^;練習も嫌いなので、どうしても避けられない職場でのスピーチなどはぶっつけ本番。なので、いつも緊張して失敗していました。逃げることに必死な当時は気付きませんでしたが、過度な自意識過剰、ええカッコしい、逃げグセは何一ついいことはありませんでした。

ビックリ

今期の受講生さんの皆さんは、とくに「自意識過剰グセ」と「ええカッコしいグセ」があるようです。いかがでしよう?あなたにも思い当たる節はありませんか?

3.あがりやすい「思考パターン」の直し方!

あがりやすい思考パターンを直すにはコツがあります。ポイントは3つ。①まず自分の思考グセを知る、②それを改善できる環境に身を置く、③良い思考パターンが身につくまで継続する。私は当協会の講座でこの3つを実践してきました。自分1人ではできなかったと思っています。というのも、そもそも自分の考え方のクセに気づくことが難しいですし、もし気づいたとしてもそれを教えてくれたり改善する場がなかったため。今では、1.自意識過剰グセ、2.ええかっこしいグセ、3.逃げグセの三重苦の思考パターンはほぼありません。ひとりで悶々と考えこむ悩みグセも改善されました

オッケーポーズ

NHK文化センターでは、お一人お一人の思考パターンをふまえ、あがり克服のサポートをいたします。今回はメンタル的な原因をお伝えしてきましたが、スピーチはスキルでもあります。思考パターンを改善しながらスキルを学び、人前スピーチの不安を解消しましょう!NHK文化センターは途中入会も可能です。まずは「1回体験」を気軽にお試しください♪元あがり症の講師が親切丁寧にサポートいたします。

NHK文化センターの公式HPこちらから!

その他の講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LEC東京リーガルマインドあがり症克服のためのセルフコントロール講座
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら