面接やコミュニケーションに役立つ話し方講演 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

面接やコミュニケーションに役立つ話し方講演

2020.11.21

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口伸一郎です。

岐阜県ひとり親家庭等就業・自立支援センターで『面接やコミュニケーションに役立つ話し方について』をテーマに、景山千絵理事とのコラボで講演を行いました。

会場

第3波のコロナ禍が叫ばれる中、withコロナ、withあがり症で、あがり症に重きを置き、講演させて頂きました。

1.面接対策!

近々に面接があるという方が数名いらっしゃいました。『面接』と聞いただけでも緊張しますよね。山口も数十年前の入社試験面接を思い出します。何を話したか全く覚えてなく、当時は現役バリバリのあがり症だっため、緊張していた事だけしか記憶に残っいません。面接される側、する側両経験を持つchie理事。元あがり症であるが故、自身の経験談も交えての面接対策には説得力があります。皆さん、真剣に聞いていました。

面接

2.体験談はやはり説得力がある!

今回参加の殆どの方があがり症でした。テキストを読むだけの説明、聞き伝えの説明よりも自身が経験した生の説明の方がやはり、説得力があります。自信を持って説明も出来ます。自身と同じ経験をしていると共感してもらえて、うんうんと頷いて聞いてくれます。理論的な説明だけだと、聞く側は眠くなってしまいます。テキストは後でも読めますが、テキストにはない聞く側が興味を持てるような話をすると、真剣に聞いてもらえます。

あいさつ

3.日常生活に取り入れたい緊張緩和術!

日常生活でも出来る緊張緩和術がります。①まずは挨拶です。挨拶は『自分はあなたの敵ではありません』という意思表示です。その日に初めて会う人には積極的に自ら進んで挨拶をしましょう。挨拶をして気分を害されるなんて人はいません。挨拶して挨拶が返ってくると気持ちいいものですよね。②人前チャンスがあったら逃げないで引き受ける。人前と聞くとピンチと思いがちですが、ピンチをチャンスに変えるチャンスでもあります。逃げずに引き受けて、準備8割本番2割で頑張れば以外と上手くいくものです。成功すれば成功体験が得られますし、過去のトラウマも自動消滅していきます。③会議やセミナーでは前の方に座る。大勢の中で前の方に行く事は多くの視線シャワーに慣れるための練習になります。

あがり症

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら