さあ、今日から楽しくあがり克服に取り組んでいきましょう! あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

さあ、今日から楽しくあがり克服に取り組んでいきましょう!

2020.10.25

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口伸一郎です。

栄中日文化センターであがり症克服講座を行いました‼

栄中日文化センターも10月より半年の新クールが始まりました。あがり症に悩む沢山の方々に参加して頂きました。当講座はあがり症改善に特化した講座です。普段の生活ではあまり話す事のない『あがり症』について堂々と語り合えます。堂々とあがって下さい。あがっても誰からも責められる事はありません。最初の頃は通う事が辛いかもしれません。でも、通い続けると、お友達も出来てきて段々と楽しくなってきます。そういう教室です。さあ、今日から楽しくあがり克服に取り組んでいきましょう。

1.避けては通れない自己紹介

社会人になったら必ずあります。職場で部署が変わったら必ずあります。定年退職になっても地域社会の集まり等があったら必ずあります。専業主婦であっても子供関係の集まり等で必ずあります。そう、自己紹介です。自分で自分を紹介しないといけないので逃げようがありません。そのため当講座では、最初の講座で自己紹介をして頂いてます。新規の方にいきなり自己紹介をして下さい、と言うと大体の方が怪訝な顔をされます。でも、あがってもOK、泣いてもOK、手足が震えてもOK、何も言えなくてもOKです。『あがっていたね~!』なんて悪口を言う人誰1人いません。クラスメイトも現役バリバリのあがり症です。講師も元あがり症です。皆同志です。だから、堂々とあがっていいのです。その自己紹介スピーチが、各自のベースライン(現状)になります。さあ、これから一緒に楽しくあがり改善の勉強をして、納得して卒業する頃には懐かしく思いますよ!

緊張

2.学生時代の国語の本読みがキッカケ

あがり症と自覚したのは、小学校、中学校の時の国語の本読みがキッカケと言う方が多くおらっしゃいます。今回、新規の方にも多くいらっしゃいました。そういう方には、朗読練習をお勧めします。当講座では、原稿を用意して頂いてスピーチする練習やアドリブで即行スピーチする練習も行いますが、朗読練習も行います。朗読練習は決まった文を読むわけですから、自分の成長が確認出来ます。又、他の人とも比較出来ます。

説明する人

3.笑いを取って緊張緩和

新規の方が多いとかた~い雰囲気になります。初めての教室、初めて会う人ばかり。相手がどういう人なのか分かりませんから当然ですよね。そいう場合はアイスブレイクが必要です。隣席の方と雑談でいいので、とにかく話す。教室にきたキッカケ、天気、住んでいる場所等、何でもいいのです。話すと相手の事が大体分かってきます。相手が分かると多少なりとも緊張感は和らぎます。でも、これがクラス全体となると簡単ではありません。そいう場合、皆の『笑い』が取れれば一気にクラス全体の緊張感が緩和されます。今回、受講されているNさん。スピーチの順番が来て、ネームプレートを持って前へ向かおうとしましたが、何と無意識に持ったのが水筒でした。クラスが一気に爆笑の渦に包まれました。このクラス全体の笑いが皆の緊張感を緩和してくれたのです。今回のNさんは無意識で結果的に笑いが取れましたが、人前に出てこの笑いを意識的に取る事はあがり症さんに取っては非常に難しい事です。しかし、場数を増やして人前に慣れてきたら、緊張感緩和のテクニックとして挑戦する価値があります。達成感が得られます。山口もこの笑いが取れるように意識しています。よく滑りますが😢。

次回のスピーチテーマは『他己紹介』です。

講座の予定、ご予約はこちらら! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら