あがり症の取り組み方 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症の取り組み方

2020.09.19

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師 hiroです、講座前にNHK豊橋局に隣接している、豊橋市役所13階展示場にて、有名な手筒花火を見学しました。
NHK豊橋カルチャー教室で、あがり症・話ベタさんのためのスピーチ塾を行いました。室内のウイルス対策確認(サーキュレーター作動、消毒液、窓扉の開放、座席間隔)

打ち解ける
【アイスブレイク】🚴‍♂️コロナの影響で・・渥美半島(どんぶり丼)廻りの自転車走行は来年に参加予定としました。🚃この4連休に自宅(広島県)に帰る予定でしたが・・コロナの影響で帰るのはやめにしました。👴会社退職後は・・団体組織等で役員活動しています。 🤸‍♀️ヨガ・英会話・・とか、ほかにもいろいろな講座も受講しています。🗣人前で話すことが多くなり・・あがり度がひでくなって来ています。😰 久しぶりの講座・・継続していないとあがり症が再発していると感じています。・・など、緊張を和らげる話がありました

新しい場所
【前回のテーマ「私の夏(〇〇)について」】1.あがり症克服は準備・練習は念入りに!2.あがり症克服は、話す前の注意事項!3.あがり症克服は、見た目が大切です!を再確認しました。

お腹を触る人
 【あがらない体をつくる】ストレッチ→首周りを重点に実施しました。・姿勢を良くするには→正しい姿勢で教室内(みなさんの視線の中)で歩行練習練・腹式呼吸練習→腹下の丹田に手を押さえ「発声ハ・・ハハ・・・・ハハハ・・・・・・」腹の凸凹発声練習・声の長さで震えチェック→深呼吸後「ハーーーー!」一息で何秒か計測したりしました。・
外郎売の発声練習→滑舌練習をしました。
ホテルで記帳
【第5章 スピーチ実践】テーマ「あがり症の取り組みについて」→皆さん事前に原稿を準備していました!📝・目的について(何のために)→あがり症を話すことで、この教室の皆さんと共通意識を持っため!🤝・聞き手(誰のために)→あがり症改善の為に来ている皆様に話す!🗣時間(目安として)→基本3分以内でまとめてください⏳[練習&チェック]ペアーを組み 📲携帯電話で録画・録音をして、よかったところ、直すべきところを繰り返し🗣練習をお願いしました。
伝える男性
[いざ本番]hiroから発表 →私は「あがり症の取り組み方」色々な・・・講座を受講し「継続は力なり」で、この場所に立つ迄になりました。それではみなさん、姿勢良く・視線を配る・腹から声出し・笑顔で話す・落ち着いて話すことを意識して話しましょう。💐腹式呼吸を意識しながら話すようにしていきます。💐負のスパイラルにならないように、心がけていきます。💐人前で話すことが多くなり、改善していきます。💐待ち緊張が多く、話す前の人の話をよく聞くようにしていきます。💐人前で話ができなく
なることがあり、継続して受講していきます。💐講座に来るのに1年以上迷っていた私が、💊薬も飲まずにここで話せるようになりました。💐北原白秋の 「あめんぼあかいな」が、まだうまく話せません、改善していきたいです。💐人の話をよく聞くことで待ち緊張を意識しないようにします。💐最終回にスピーチ実践では、ソーシャルディスタンスをしながらでしたが、みなさん楽しそうに話されていました。🙌
「自己紹介」「挨拶」「発表」と聞いただけで緊張してしまう人、手や声の震えで悩んでいる方はぜひ受講してみてください。第三曜 13:00〜15:00 6ヶ月(6回)各々の緊張の悩み、症状を確実に改善へと導く講座です

1.あがり症で、つらい待ち緊張

「エミール・クーエの法則」想像が行動を制限してしまう心理
私もそうでしたが、スピーチで過去に10分間の沈黙を経験をしてから「予期不安」で、過去のあがり経験を思い出したり考えたりするだけで不安を感じるようになってしました。「あがり症より予期不安により沢山の時間を悩む、自分がいました。改善のためにたどり着いたのが、あがり症克服協会の講座でした。

2.あがり症で、滑舌練習で改善

普段は問題なく話せる人でも大勢の前やかしこまった場所では言葉が出てこなくなる、滑舌が悪くなるということがありました。言葉が詰まったり、はっきり話せないと、さらに緊張していました。滑舌改善のポイント、①肩や背中の力を抜いて、喉や上半身をリラックスさせる。 ②腹式呼吸でお腹から声を出す。③口をしっかりと開ける。④母音をはっきりと発音する。滑舌改善の練習として有名な「外郎売」を練習していました。

3.あがり症と見えない印象とは

【第一印象のメカニズム】
「見た目 55%  」「 声・話し方 38%」「話の内容 7% 」人の見た目の印象は最初の10秒で判断されるそうです。なら見た目をよくするには、①服装は、その人が周りに気遣い出来る人か、場に応じた行動ができる人かを判断する基準となります。② 背筋を伸ばした姿勢を常に意識する(少し猫背の方が多いですが、胸を張ってみてください)③ 話す前のお辞儀では、簡単な挨拶(会釈15度)、一般的な仕事では(敬礼30度)、儀式・謝罪では(最敬礼45度)お辞儀は6拍中、2拍で頭を下げて、1拍置き、3拍で頭を上げると綺麗と言われています。(緊張しているとつい早くなったり、雑な動きになりがちです。)④ 美しい笑顔、今はマスク着用で見えませんが、口角が左右対称に上がっている、下の歯を見せずに、上の歯を8本みせるように鏡で練習してください。⑤ 全体をゆっくりと周りを見渡すような視線を心がけましょう。(視線はほぼ目の高さとして、上目・下目は印象が悪く感じられます。見渡すように相手の方向に体を向けるようにしてみましょう)

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら