講師も朝礼スピーチに悩んでいました あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

講師も朝礼スピーチに悩んでいました

2020.08.09

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 kaoです 🙂
仙台であがり症克服ベーシック(初級)セミナーを行いました‼あがり症克服セミナー教室
ベーシック(初級)セミナーとは、基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、7時間で声や手の震えといったあがり症状の根本的な改善を行う講座です

コロナ対策も万全です、手指アルコール消毒、出入り口の開放、ソーシャルディスタンスの確保、全員マスク着用などの対策をしています。発声も壁に向かって行うなど、コロナ前よりかなり控えめの対応となっております。

1.講師も朝礼スピーチに悩んでいました

今回受講してくださった、Oさんは職場の朝礼スピーチが悩みでした。実は、朝礼スピーチは、当協会のお悩みトップクラスに入ります。

私講師のkaoも、以前勤めていた職場の朝礼がトラウマでした。その会社では毎朝、社員が1人ずつ前に出て社訓を読む習わしがあったのです。初めて順番が回ってきた日のことを今でも鮮明に覚えています。社訓が書かれた紙を持ってみんなの前に立った瞬間、私はガチッ!と固まってしまいました。絞り出した「おはようございます」は、私にしか聞こえないような細く震える声。

「ドキン、ドキン・・・」

ガクガクブルブル

その後のことは、この記事を読んでくれている皆さんならきっと察しがつくと思います。震える手で社訓の書かれた用紙を持ち、震える声で、なんとか最後まで読み上げることができたものの、恥ずかしさと自己嫌悪で気分は最悪。まさに、穴があったら入りたい、というのはこのこと。それからは、朝礼の順番が回ってくるたびに、寿命が縮まるような思い(大ゲサではないです^^;)をしていました。

朝礼で失敗した私は、それから人前に出るのが怖くなりました。職場以外でも、なるべく目立たないように、人の後ろに隠れるように生きていたと思います。悔しい気持ちもありましたが、それ以上に、人の前に立つことが恐怖だったのです。
でも、そんな私が変われたのは、当協会の講座であがり克服のスキルを学んだことがキッカケです。

2.震える声には腹式呼吸

私は朝礼で緊張したとき、声が震え、息が苦しい、という感覚がありました。みなさんも、そういう経験があると思います。呼吸には、胸式呼吸と腹式呼吸がありますが「腹式呼吸」には、声の震え、息が苦しい、のどちらにも効果があります。腹式呼吸は胸式呼吸よりも、約7倍も息を吸うことができます。息をしっかり下腹でコントロールして深呼吸することで呼吸が楽になり、震えない声を出せるようになります。

昔から、武道やヨガ、スポーツの世界でも、呼吸を整え精神を安定させる腹式呼吸は大切なこととして伝えられてきました。なので、よく聞く言葉、「耳にタコ」だと感じる人もいるかもしれません。でも、書店に行けば、たくさんの呼吸関連の本が並んでいます。実際のところ、本当に身についている人は少ないでしょう。

3.腹式呼吸で大きな声が出て嬉しい

今回の講座でも、腹式呼吸の重要性をお伝えしながら何度も練習しました。みなさん最初はなかなかうまくいきませんでしたが、繰り返し練習するうちにコツをつかみ、吸って吐く動きもスムーズにできるように。そうすると自然に大きな声も出せるようになります。

講座後、受講生さんから「腹式呼吸と声を出すことを連動して練習したことがあまりなかったので、これからもやっていきたい!」、「腹式呼吸でこんなに大きな声が出て、とても嬉しかった、家でも練習します!」と嬉しい感想をいただきました。

朝礼スピーチで声の震えが酷かった私kaoも、当協会で腹式呼吸を身につけて震えを改善してきました。受講してくれる皆さんにも是非習得していただきたいスキルです。

重度のあがり症だった私でも変われました
悩んでいる時間はもったいない、1日も早く克服してあがり症を気にしないで生きていける人生を手に入れてください♪

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

震滅の刃理事長SPセミナー

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら