カタルシス効果であがりスッキリ‼ あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

カタルシス効果であがりスッキリ‼

2020.08.01

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 ayaです (^_-)-☆

NHKカルチャー京都で「あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾」を開催しました。

コロナ禍でも雨でも休まず、いつもの受講生、新しい受講生も来てくださいました。

現在のNHKカルチャー京都は、四条通柳馬場のビルにありますが、10年程前は京都駅前のビルにありました。

その頃に入会された受講生さんが数人現在も約10年継続してくださっています。

私たちは彼らをベテラン受講生「ベテ生」と呼んでいます。

1.あがり体験を振り返る

本日のスピーチのお題は「カタルシス」です。

過去の恐怖体験などにより抑圧された不安や感情を言葉で表現することで、その苦痛から解消され、安堵感や安心感を得ることがあります。これを「カタルシス効果」と呼びます。

あがり体験を振り返り「カタルシス」スピーチをして頂きました。

・老若男女誰とでも一対一ならいくらでもしゃべれるのに、経営者パーティー等の大勢の人前に立つと、口から心臓が飛び出し倒れそうになるほどあがってしまい、何もしゃべれなくなりなりました。

・初めてゴルフコンペに出て、たまたまブービー賞を頂きました。皆さんの前でスピーチしてください。と言われ、前に立ったとたん異常にあがってしまい頭が真っ白で何を言ったか覚えていません。凄く恥ずかしい思いをしました。

・私は元々あがり症ではないと思っていました。友人の結婚式でスピーチと歌を頼まれたので快く引受けました。そして本番、新郎新婦の前に立った瞬間急に緊張が訪れました。あがってしまってスピーチも歌も大失敗してしまい、見ている友人たちからも「どうしたの?あなたらしくないね。」と言われ、大変ショックで、それ以来人前がトラウマになってしまいました。

・子供のPTAの役員に選ばれました。役員会で指名され話したのですが、話の主旨から逸れてしまいおかしなことを言ってしまいました。部屋の空気が急に変わったのを感ました。進行役の方がその場を治めてくださいました。その以来私は人前であがってしまい上手く話せないことに悩んでいます。

・学生の時、300人以上の前で英語のスピーチをしました。本番あがってしまい大失敗に終わりました。それ以来人前で話すことがトラウマになっています。人前であがってしまった時の手段を知りたいです。

・大学生の時、教育実習で頭が真っ白になりました。学生に質問されるのが苦手でした。

・受講生のKさんは原稿を持たずに前に立ってスピーチされています。それが凄いな‼と思いました。私の目標はKさんのように原稿なしで人前でスピーチすることです。

・私は原稿なしでは不安で人前でスピーチ出来ません。今の私にとって原稿はお守りで必要なものです。

2.あがりと上手く付き合う

カタルシススピーチで、皆さんスッキリ清々しい笑顔になりました✨良かったです✨

ベテ生の感想では、あがりは無くなりません。でも大丈夫です‼ あがりと上手く付き合っていくことが出来るからです。

スキルを身につけ継続することで、あがりと仲良しになれます。

「Withあがり」です。

3.舞台スターもあがります。

余談ですが、私は宝塚が好きでよく観に行きます。宝塚のトップスターさんのインタビューで、「舞台に出る寸前までは、ど緊張しています。でも舞台に出たとたんファンの皆さんやお客様の温かい愛に包まれるので、それを支えにお芝居・ダンス・歌に集中し頑張れるのです。」宝塚大劇場は2500人の観客を収容できます。2500人の視線が集中するのですから凄いです。あがって頭が真っ白にならないように、舞台本番までに毎日相当の練習を重ねられるのでしょう。それを思うと尊敬と憧れの眼差しで観てしまうのです✨

私たちも舞台に立つ気持ちでスキルを磨きスピーチレッスンに励みましょう‼

あなたもスター✨になれるかもしれません。

講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら