スピーチに自信がつく!朗読トレーニング あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

スピーチに自信がつく!朗読トレーニング

2020.03.31

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会・認定講師の山口伸一郎です。

2/29(土)、NHK神戸教室、NHK梅田教室の関西2講座を担当させて頂きました。

1.外郎売で朗読トレーニング

外郎売、それは俳優や声優の養成所、アナウンサーの研修で発声練習や滑舌の練習に使われてます。勸玄君が1人で演じ切った事でもニュースになりました。当協会生徒さんのあがり発症原因No.1は『学生時代の教科書読み』です。山口も学生時代、国語の授業で先生にここを読んでと言われて、小さな声で手を震わせて読んでいた事を思い出します。読んで終わりならまだしも、先生や友達から緊張していた事を指摘なんかされるとトラウマ度アップですよね。朗読は同じ文章を何度も繰り返し練習出来るため、過去の自分と現在の自分を比較出来ます。その朗読トレーニングに打ってつけなのが外郎売です。非常に難しいですが、何度も何度も練習する事によって滑舌練習にもなります。

2.外郎売のフル朗読でスピーチにも自信が持てる

当教室では、時間の関係でグループ内でパート分けして朗読して頂いてます。自信のある方や希望者には、ソロでフル朗読して頂いてます。梅田教室のWさんもその1人。ソロでフル朗読となると、相当な練習をしていないと出来る事ではありません。Wさん、見事に完読。これがスピーチの更なる自信になった事は間違いありませんね。

3.ソロでフル朗読トレーニング

外郎売以外にも、各自で練習分を朗読して頂きました。
朗読する時の注意点として下記があります。
・姿勢を良くする。
・テキストと顔を30cm以上離す。
・声を前に飛ばすように読む。
・ゆっくり読む。
・はっきりと発音する。
・句読点で間を取る。
又、手の震えによってテキストがブルブルと震える事もあります。対策としては、事前に手の筋肉弛緩法を行いましょう!→手をギュッと握って緩める、これを何度か繰り返す。

NHKカルチャー神戸教室

NHKカルチャー梅田教室

あがり症克服協会の講座予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら