あがり症で会話が続かなくて、沈黙になってしまう。 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがり症で会話が続かなくて、沈黙になってしまう。

2020.02.11

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

講師はkoba先生 あがり症克服協会のhiroです。🙇‍♂️
NHK名古屋カルチャー教室(2020.02.09)

同じ悩みを持つ講師も通う教室、1人で治すのとは効果が違います!

💐6回の講座で、緊張の悩み・症状を確実に改善へと導く講座です!

※ 午前講座、改善する為に県外からも多くの方が来ています!🙇‍♂️

1.あがり症講座、隣の方と会話お願いします!

当たり障りのない会話で、異性の前だと緊張して会話が続かない!

あがり症で会話が沈黙になり悩んでいる人、難しいですよね!
・初対面の人に話・話題を褒め・明るい話・距離をとり・様子にも注意。
・自分の事を話してから、相手が答えやい話しから質問する。
・会話を途切れさせない答え方を選び、返事とあいづちをする。

※ 私は初対面で話す時は、自分のことをまず話すようにしています。
 自分の事をできるだけ解りやすく、伝えるように心がけています。❣️

2.会話の秘訣は、共通点を探しましょう!

相手の話をうまく引き出し、うまく語ってもらうことですよね!
聞く時は傾聴力→会話を繰り返し返す「オウム返し」をしましょう。
・話の内容を確認でき、間違いがなくなるためです。
・気持ちを受け止めたことで、安心感を与えれます。
・話す雰囲気を作り出し、信頼感が生まれてきます。

※ 相手の言ったことをしっかり受け止めて、相手に伝えるためです。
(少し間をあけ、ゆっくり繰り返し話しましょう)

3.あがり克服への5つのステップ

まずは逃げないで引き受ける
※ koba先生の力強い話しに、認定講師のhiro自身も頷いていました。

準備・練習は念入りに(原稿を書く目的・録画・録音のススメ)
自分の弱点を録画して知ることから始めましょう!
「メラビアンの法則」外見や声出し方法が効果的

※ 表情や態度、姿勢、服装、視線、動作などを見ましょう。

 出番がきたら、筋肉弛緩法と複式呼吸法
(発声練習・滑舌トレーニング・呼吸トレーニング)
※ P1参加者が、ここまで変わるのかと思いました。😲

話す内容に集中する。
・声の出し方で、印象は激変「大きさと速度」です。
・大きな声で遠い人に、声掛ける気持ちが良いです。
重要なカ所は声大きく、後は少し強弱をつける。

⑤ うまくできたら自分を褒める。生徒さんからスピーチテーマとして「狸の話」がありました。 👏

・テーマ「たぬき」昨年自宅前に「狸が現れ」今年は2匹も玄関先!狸は幸運の予兆と聞いています。知り合いに報告しています。村の神社行事で、イノシシ鍋等を食べます?
※ 「たぬき」笑いある楽しいスピーチでした!👏

 事前練習をしていると感じました。🙌\(^o^)/

生徒さんから一言挨拶
・会議中言葉がつまり不調、改善して帰ります。😭

・岐阜教室の生徒さん、名古屋に体験で来ました。
・先週大阪、今日は名古屋に体験で来ました。
※ いつもと違う緊張感、一緒に頑張りましょう。hiro
 ↓お近くの講座を一度確認してみてください。🙇‍♂️

講座の予定、ご予約はこちらから! 

次回は「第4章あがらない体をつくる」です!

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら