あがりに対する耐性~新しい場所でもあがらない~ あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

あがりに対する耐性~新しい場所でもあがらない~

2020.01.19

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 認定講師の山口です。

2020年のNHK岐阜教室が始動しました。

皆さん、教室に入るなり笑顔でおしゃべりが始まる非常にフレンドリーな教室です。

 

1.「ストレッチ」で緊張緩和

緊張すると体が硬くなります。緊張緩和のためにはストレッチが有効です。人前実践の前にルーティンとして行ってます。今回もベテランのSさん主導によるストレッチ。Sさんはボランティアでお年寄りに健康体操を教えているだけあって、好評のストレッチです。

 

2.普段とは異なる場面を体験する事によるあがり改善

今回スピーチテーマは、『今年やめる事』。皆さんそれぞれ、やめた方がいいんだけどな〜、とおぼろげに思っていても中々やめられない事ってありますよね。今回、敢えて『やめようと思っている事』ではなく『やめる事』にしました。小さい事から大きな事、何でもOK。このテーマでスピーチして、皆の前で、そして自分に宣言して頂きました。年末に結果を聞きますからね〜!

今回、当協会他教室から2名の方が体験受講に来られました。お二人共山口とは顔馴染みですが、初めての教室で殆どの生徒さんとは初対面。普段通っている教室とは異なります。人は『初めて』という未知の世界では緊張するものです。しかし、この異なるシチュエーションを体験していくとあがりに対する耐性が付いてきます。お二人共にいい体験が出来た事と思います。

 

 

3.継続する事の大切さ

講座後、TさんからMさんのサクセスストーリーについて話を聞きました。6年前、極度のあがり症だったMさん。仕事上のお茶出しの時は手が震えてお茶出しも出来ず、当教室に入った初回のスピーチでは、涙して一言も話せず悔しい思いをされたそうです。その悔しさをバネに当教室で勉強され、様々なイベントも参加し、結婚・出産により途中ブランクはありましたが、今では堂々たるスピーチをされてます。素晴らしい事ですね。入会したばかりの頃は教室に通う事自体が辛い事です。でも、それを乗り越えて勉強していくと、必ず道は開けて来ます。諦めずに勉強した成果ですね。正に継続は力なりです。

 

次回のテーマは『朗読(外郎売)』です。

 

NHKカルチャー岐阜教室

一般社団法人あがり症克服協会

 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら