保護者会や学級懇談会であがらない3つの方法 あがり症の克服なら一般社団法人あがり症克服協会

講座予約

アクセス

東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・仙台の話し方教室

あがり症克服ブログBlog

保護者会や学級懇談会であがらない3つの方法

2019.12.19

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

あがり症克服協会 理事長の鳥谷朝代です 🙂

名古屋であがり症克服個人レッスンを行いました‼

今年4月に新聞に掲載された鳥谷朝代インタビュー特集記事「緊張・不安との向き合い方」を見て、来てくださいました^^

小学生のお子さんの保護者会や学級懇談会で声が震える、頭が真っ白になってどこを見ていいかわからない、自信が持てないというお母様でした。

中学の本読みから始まった17年の重度のあがり症を克服した経験から、3つのことをアドバイスしました。

目次
1.「逃げグセ」を治す
2.発声を制する者は、あがりを制す
3.話す力を身に付けるためにアウトプットを行う

1.「逃げグセ」を治す

あがり症の人は、話すチャンスが回ってきても、言い訳をして逃げてしまいます。これでは緊張が改善するどころか、ますます悪化させてしまいます。

あがり克服において、「成功」の反対は「失敗」ではなく「逃避」です。話す機会があったら、「またとない練習のチャンス!」と思って、進んで引き受けてほしいのです 😉 

私は今では、「本当にあがり症ですか?」「元々話せたんですよね?」なんて言われますが、とんでもない!3か月も休職し、精神科に通うほどの重度のあがり症を治したのは、週に3回の話し方教室通いです!!

2.発声を制する者は、あがりを制す

あがり症で悩む人の90%以上が、声の震え、上ずりに悩んでいます。(あがり症克服協会調べ)
しかし朗報です 😛 声の震えは最も改善効果の高い身体的症状です!

今日レッスンした方も、20分ほどの発声トレーニングであがりにくい声を手に入れました!

「発声力を鍛えることで、あがり・緊張をコントロールできる」ことは私の経験上、そして7万人の生徒さんが証明しています  😎 

3.話す力を身に付けるためにアウトプットを行う

話す力を養うために、日記か、できればSNSで、身の回りのことを発信する習慣を身に付けることをお勧めしています。
話すネタがないという人に限って、アウトプットする努力を怠っていることが多いので… 😥 

私もこの職業に就いて15年間、毎日欠かさずにアウトプットしています!

また、人の話はネタの宝庫です。聞き手に回ったときも話の内容に集中し、メモを取ること!

同時に、待ち緊張(順番が回ってくるまでの緊張感や症状)が緩和されます^^以上のことをお伝えし、60分のトレーニング後は、学校の教室を想定した場でも堂々と話せるようになりました☆

スピーチ成功の記念に6万部突破の拙著「人前であがらずに話せる方法」にサイン 😀

ゆかりさん、ご受講いただきありがとうございました♡

今後の講座の予定、ご予約はこちらから! 

Twitter共有 Facebook共有 LINE共有

前後の記事を見る

講座内容

  • 初めての方へ
  • 開講スケジュール
  • 受講までの流れ
  • 理事長鳥谷朝代ブログ

15日間「あがり症克服」無料メールセミナー

理事長SPクリニック

  • まぐまぐ鳥谷朝代メルマガ「あがパラ!」
  • LINE@友達追加であがり症克服をもっと身近に
  • アガリストコラム
  • メディア出演情報
  • 出版実績
  • 取材・講演・執筆のご依頼はこちら
  • Facebookはこちら
  • Twitterはこちら
  • Youtubeはこちら
  • Instagramはこちら