もう怖くない!結婚式・披露宴スピーチであがらない方法

2016.12.21

「フォーマルな場所でのスピーチ」は誰でもたいへん緊張するものですが、その分、一度上手くいけば、この上ない成功体験となります。

スピーチ成功のための事前準備をしっかり行い、スピーチ後は「後悔」ではなく、「爽快感」を味わいましょう!

結婚式・披露宴でのスピーチ成功5箇条

「長いスピーチは迷惑行為」と心得る

スピーチは「長いな~」と思われたら一発アウト。

原則として、乾杯や新郎謝辞なら1分以内、スピーチなら3分以内にまとめます。

スピーチの構成は「三段構成」、いわゆる「序論・本論・結論」がお勧めです。

原稿を作ったら、必ず声に出して読み上げ、時間を計り、全体の流れを確認します。

 (例)

「序」→お祝いの言葉を述べ、自己紹介をする。

「○○くん、○○さん、ご結婚おめでとうございます!

また、「また御両家・御親族の皆様方におかれましても、心からお祝い申し上げます。

私は、新郎の直属の上司に当たります、○○株式会社 ○○部長の○○と申します。

お二人にお祝いの言葉を述べさせていただきます。」

「本」→新郎新婦のお人柄や活躍ぶりを紹介

「新郎○○くんは、平成○○年に入社以来、主に○○の開発などを手掛け……

人望も厚く、仕事熱心で……(具体的なエピソードを添える)」

「結」→はなむけの言葉と結びの挨拶

「どうか末長く幸せな家庭を築いてください。お二人の幸せを心より願っております。

本日は誠におめでとうございます!」

 

②「スピーチ例文集」に頼りすぎない

あがり症克服協会の講座では、スピーチの内容についてはできるだけご自身で考えていただいています。スピーチ上達には、「スピーチを書く練習」も含まれるからです。

実は、その生徒さんが用意してきた原稿が、よくある「例文集」から取ってきたかどうかは、一目でわかります。

やはり赤の他人が書いたものですから、その方の話し方や雰囲気とはマッチしない「不自然さ」があるのです。例文集は、万人に通用する内容、つまり「誰が話しても同じ内容」「誰かに使い回せる」スピーチということです。

例文を参考にするのはいいですが、完コピはやめましょう!
エピソードは最も大切なところですので、ぜひご自身で考えましょう。

学生時代の友人なら、若い頃のエピソード、同僚なら仕事ぶりと、おのずと決まってきますが、さらに、現在のことに限らず、過去→現在→未来と広げていくと、エピソードも広がっていきます。
よくある名言や決まり文句を持ってくるのもほどほどにして、あなたにしか話せないスピーチ原稿を作りましょう!

 

③どんな立場で話すかによって中身を変える

一口に「披露宴でのスピーチ」といっても、目的がまったく違いますので、「どのタイミングで」「どんな立場で」話すのか、必ず事前に確認します。

たとえば、新郎新婦の上司などが行う主賓スピーチは乾杯前のノンアルコール状態で行うため、よりセレモニックで厳粛な雰囲気が求められます。

あまりにもくだけすぎる内容は避けます。当然、下ネタはNG!

乾杯後の親戚や友人スピーチは、お酒も入っていますので、堅苦しいものよりユーモアのあるもの、会場が盛り上がる内容がお勧めです。

披露宴スピーチ成功の秘訣は、自分の立場と場の雰囲気を見極めることです。

 

④動画を録って見た目もチェック

結婚式や披露宴は、間違いなく写真やビデオに撮られますから、見た目の印象や立ち居振る舞いを美しくすることにも気を遣いましょう。

フォーマルなスーツやワンピースを着慣れていない人は、必ず本番の衣装を身につけて、声を出しておくのをお勧めします。

特にヒールの高い靴を履き慣れていない人は、緊張すると足元がぐらつきますので、必ず本番と同じ靴を履いて、お辞儀や歩き方の練習もしておきましょう。

最後に、動画を録って最終チェック。

客観的に見て、「これぐらいできていればOK!」「これなら人に見られても大丈夫!」という自信が、あがりを抑えてくれます。

 

⑤それでもやっぱりあがりそうなときは…アウェーをホームにする方法

結婚式や披露宴での挨拶は、何度やっても緊張するという人が多いです。

良くも悪くも「非日常空間」ですから、それも当然。

そんなときこそ、アウェーな雰囲気をホームにする工夫をしましょう。

会場には早めに入り、場の雰囲気に慣れておくこと。

受付や司会者、主催者、同じテーブルの人に笑顔で挨拶、会話をしておくこと。

緊張してきたら、好意を持って笑顔で聞いてくれる人を見ると、本番で格段に話しやすくなり、落ち着きます。

結婚式・披露宴スピーチを控えた方にお勧めの講座

★ベーシックコース(初級)

7時間集中であがりの基礎知識、原因、対処法、あがらない体づくりを学び、声や手の震えなどの根本的改善を行います。

受講後はどなたも人前で堂々とスピーチできるようサポートしますので、本番が近い方にもお勧めです。

詳細はコチラ→http://agarishow.or.jp/kouza.html#basic

★個人レッスン(当協会人気NO.1)

60分完全オーダーメイドのレッスンで、受講生の方の目的、お悩みに応じ、元あがり症の講師が優しくレッスンいたします。

本番で使う原稿をお持ちいただければ、原稿チェックもいたします。

詳細はコチラ→http://agarishow.or.jp/kouza.html#private

コメントは受け付けていません。